« 憤激する少女 | トップページ | 譲歩したら水の泡 »

2019年10月 1日 (火)

どうしても旭日旗で応援したい?

韓国国会が来年夏の東京五輪で、旭日旗の競技場への持ち込み禁止を決議したそうなんですが、他国でそんなこと決議したって知らんがな、と言うしかないですね。

何の問題もない日本の旗にここまでしつこく憎悪の火を燃やす韓国という国には呆れるばかりですが、一方で旭日旗愛が激しい一部の日本人もなかなか厄介だなと思います。

まあこの旭日旗問題も元はと言えば2011年サッカーアジアカップ日韓戦の時の韓国選手によるいちゃもんから始まっているわけです。それまでは韓国は旭日旗など問題にしていなかったのに、日本叩きの良いネタが見つかったとばかりにどんどん膨らませていきました。

ですから韓国のほうが悪いのは明白なのですが、わざわざ旭日旗を翻してあちらさんをカッカさせるようなネタを提供することもなかろうと思うのです。

もめることに快感を覚える人っていますよね。マスコミなんかもそうです。日韓がもめればもめるほど嬉しそうに記事にする。韓国の擁護をするとカッカする日本人が出てくるので面白がってそういう報道をする。それがマスコミってもんです。

韓国にもマスコミにも「待ってました」と言わせないために、旭日旗持ち込みは自粛したほうがいいと思いますよ。普通の日の丸でいいんじゃないですか。日本人が屈服したという間違ったメッセージを送ることになると言われるかもしれませんが、そんなことにはならないでしょう。

政府間交渉で間違ったメッセージは送ってはなりませんが、スポーツ大会での応援の仕方ぐらいならかえって日本人の度量の大きさを示せていいんじゃないでしょうか。

たとえ韓国が「見ろ、日本は屈服して旭日旗をやめたぞ」と狂喜乱舞したとしても、そんなの無視すれば済むことです。

大人の対応ってそういうことじゃないかなと思うのですが、皆さんはどう思いますか。

どうぞよろしくお願いいたします ⇒ 

人気ブログランキング

|

« 憤激する少女 | トップページ | 譲歩したら水の泡 »

コメント

>robita様

将棋でもそうですが、徹底的に相手の嫌がる事をするのが勝負事の基本です。旭日旗も同じ事だと私は思います。韓国にはこれ迄散々無礼な事をされていますので、それに対する抗議の意味でも旭日旗を持ち込むべきです。

旭日旗の持ち込みをやめれば、それは日本人が韓国人の恫喝に屈した事を示すのみならず、他国人の侮りを受ける事にもなります。マスコミにとっても願ったりかなったりの結果になりますので、悪手以外の何物でもありません。

マスコミが旭日旗批判をするのは、韓国(人)が嫌がるからそれに同調しているだけです。マスコミをこれ以上増長させないためにも、韓国戦に限っては競技場を埋め尽くす位の気持ちで沢山の旭日旗を持ち込むのが絶対手です。


しかし、普通スポーツの国際大会の競技場に持ち込むのは国旗であって、軍旗の類ではありません。英国やロシアなどの海軍では国旗の他に軍艦旗が有るのですが、日本人が競技場に旭日旗を持ち込むのは英国人やロシア人が軍艦旗を持ち込むようなもので、あまり褒められた行動とは言えないでしょう。

旭日旗を持ち込むのは韓国戦のみにとどめ、他国との試合や他国の選手も参加する競技では国旗たる日章旗だけ持ち込むようにすべきだと私は思います。

駄文につきましてはどうかご容赦下さいませ。それではこれで失礼致します。

投稿: まゆゆファンММ | 2019年10月 2日 (水) 20時54分

★まゆゆファンММさん

>悪手以外の何物でもありません

そうなんでしょうか。
たしかに、旭日旗を持ち込まなくてもマスコミはそれを大きく取り上げますよね。
相手の嫌がることをわざとやるのも作戦上必要ということですか。
まあ選手がやるわけではなく、やるのは観客ですからね。
観客がどう振舞うべきなのか、ちょっと私にはわかりません。

>旭日旗を持ち込むのは韓国戦のみにとどめ、他国との試合や他国の選手も参加する競技では国旗たる日章旗だけ持ち込むようにすべきだと私は思います。<

あの人たちがきちんとそれを区別できるかどうか心配です。

投稿: robita | 2019年10月 2日 (水) 23時02分

>robita様

観客はX(競技により数字は変化)番目の選手と言います。国際大会は所詮スポーツ道具を使った戦争に他なりませんから、観客もまた敵国に対しては相手の嫌がる事をわざとするのが上策だと思います。

韓国のみならず、マスコミもまた、旭日旗でなくてもそれに少しでも類似した衣料品を身に着けるだけで断罪します。マスコミが私達国民に喧嘩を売っているのですから、攻撃対象にマスコミも加えて旭日旗を図案化した衣料品を身に着けてマスコミをも翻弄するのも一策です。


問題は、それを心理戦の一つの手段として冷静に行うのと、感情の赴くままにやってしまうのとでは雲泥の差が有るという事です。

熱狂の度が過ぎて、やたらに旭日旗を見境なく振り回すのは、傍から見てもみっともないばかりでなく、逆に日本人自体の民度を疑われてしまうでしょう。率直に申し上げれば、誤った使い方をして恥を晒す位なら使わない方がいいと思います。

旭日旗は使い方によっては相手と戦う武器でありながら自らをも傷つけてしまう諸刃の剣だと思います。それを理解した上で使うのなら良いのですが、今得意げに旭日旗を振り回している方々が果たしてそれを理解しているかは疑問です。

駄文につきましてはどうかご容赦下さいませ。それではこれで失礼致します。

投稿: まゆゆファンММ | 2019年10月 3日 (木) 19時41分

★まゆゆファンММさん

>国際大会は所詮スポーツ道具を使った戦争に他なりませんから、観客もまた敵国に対しては相手の嫌がる事をわざとするのが上策だと思います。<

そうかもしれませんね。戦うということにはそもそも熱狂が必要で、それがなければ気の抜けたものになってしまうでしょう。
勝利、その一点に向かって応援団も必死になることに意味があるんでしょうね。

>今得意げに旭日旗を振り回している方々が果たしてそれを理解しているかは疑問です。

そうですねえ。そういう人がいるから困るんです。

投稿: robita | 2019年10月 3日 (木) 22時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 憤激する少女 | トップページ | 譲歩したら水の泡 »