« 責める相手が違う | トップページ | 抗議はうまくやりましょう »

2019年11月 5日 (火)

フェミの情動

今朝の「羽鳥慎一モーニングショー」で、皇室の存続についての議論が行われました。

男系維持の意義を説明する旧皇族家の竹田恒泰氏に対して、例の左翼コメンテーター三羽烏、玉川徹、青木理、菅野朋子の三氏が女系を認めるべきと主張していました。

竹田氏の言葉に三人は冷笑と侮蔑の態度で接していましたが、そのうち菅野さんがほとんど泣きそうになりながら訴えるんです。

「女性・女系(天皇)を認めないってことが、どれだけ女性にとって苦痛か。女性が天皇になれないだけではなくて、女性が男を生まなきゃいけないんですかってことになるんですよね」

男子を産むことを強要する人なんていません。そんな無茶なことを言う人がいたらその人がおかしいんです。

皇室だってそんなこと強要しません。「親王だと皇位の安定につながる」ぐらいは思うけど、内親王だったからといって誰も責めたりしませんよ。
当たり前でしょう。ふんばれば男の子が生まれるわけでもあるまいし、産んだ人に責任なんてあるはずないんですから。

私事ですが、私は最初の子供が男の子でした。産んだ後に夫から「(跡継ぎができて)自分の両親は喜んでるよ」と言われました。
私は「あ、そんなものか」と思っただけで、「じゃあ女の子だったら嬉しくなかったのか」と憤慨したりもしませんでした。無事に生まれたら男の子でも女の子でも喜んでくれただろうと思うからです。

「期待されることがプレッシャーになる」なんてよく言われますけど、なんで自分に責任がないことに対してプレッシャー感じるかなあ。もっと胸張って生きなさいよ。

菅野さん自身が男子を産めと強要されて泣きながら耐えたなんて経験があるわけでもないと思います。そんな無理無体なことを言う人には、この手の女性は敢然と理屈で立ち向かうはずですから。

皇室に思い入れのない彼女は別に皇室の女性の身の上を心配しているわけではなく、女性一般として「虐げられ責められる可哀想な女性の姿」を脳内で作り上げ、勝手に同情して感情を高ぶらせているんだと思います。

 

よろしくお願いいたします ⇒ 
人気ブログランキング

 

 

 

 

 

|

« 責める相手が違う | トップページ | 抗議はうまくやりましょう »

コメント

>robita様

>勝手に同情して感情を高ぶらせている<

これは半々だと思います。確かに、そういう一面も有るかも知れませんが、半分は「男系男子による皇位継承自体が女性の人権を侵害している」というイメージを作りたくて、意識的に泣いてみせた可能性を疑うべきでしょう。

私は「悲しいから泣くのではなく、泣くから悲しいのだ」という一文を心理学の本(タイトルは忘れてしまいました)を読んで見付けた事が有ります。この理論の興味深い点は、これをうまく活用すれば自分の感情を自在にコントロールする事が出来る、という事です。

韓国人がお葬式の時に行う哭礼もそうですが、役者がすぐに泣けるのはその最たる例でしょう。左翼の人達は感情的に訴える事を得意としていますから、その位は出来ても不思議ではありません。

いずれにしても、泣く程女性・女系天皇を合法化させたいのですから、彼らの皇室伝統廃絶への意欲は並々ならぬものがあると見て間違いないでしょう。

私の職場では「不登校ばかりの愛子様よりも秋篠宮様が継ぐ方がいい」という意見が散見されており(しかも北海道で!)、
左翼も巻き返しに必死なのでしょう。

駄文につきましてはどうかご容赦下さいませ。それではこれで失礼致します。

投稿: まゆゆファンММ | 2019年11月 5日 (火) 23時54分

★まゆゆファンММさん

菅野さんははっきりと泣いたわけではないのですが、あの大きな目を潤ませて感情を高ぶらせていたわけでして。
たしかに、左翼の人は感情に訴えるのがうまいですよね。山本太郎の演説などもそうですが、純朴な人はコロッとやられてしまいます。
あの番組では青木、玉川、菅野の3氏が束になって女系(皇室の存在意義を無にするもの)を主張し、解説役の竹田さんはたった一人で一所懸命説明していました。
アンフェアだと思いました。

投稿: robita | 2019年11月 6日 (水) 22時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 責める相手が違う | トップページ | 抗議はうまくやりましょう »