« いらつくリベラリズム | トップページ | あれは国なのか »

2019年12月23日 (月)

イチロー先生

野球のイチローさんが少年野球の閉会式に登場して子供たちにメッセージを送りました。→ https://www.nikkansports.com/baseball/news/201912220000240.html

・今の時代は先生が生徒に厳しく指導するということができにくくなっている。それならば自分で自分を鍛えるしかない。

・外から日本を見ると素晴らしい国であることがわかる。世界に出て色々体験をしてほしい。

この2点を挙げていて素晴らしいメッセージだと思いました。

特に後者のほうは海外に長期滞在した多くの人が実際に感じることです。

日本を離れて外国で長く生活するとじわじわと湧き上がってくる気持ちです。自分はあんなに愛すべき国を母国としているのだと。→「奇跡の国」

 

ところで、この話題をテレ朝「モーニングショー」が取り上げていたのですが、コメンテーターの玉川徹さんが共感して次のように解説していました: https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191223-00000108-spnannex-ent

今いろんなことが情報としてすぐに頭に入れられる時代。すぐ携帯でスマホで調べればいろんなことが分かる時代になった。調べれば分かることでも行ってみて初めて分かることはたくさんある。それを知識として持つ体験して感じてほしい」
「ネットでもう分かったつもりになっている人間がいっぱいいる。特に今の若い人たち。ところが実際にやってみなければ分からないことばっかりだよと、世界は。だからネットの世界に閉じこもってないで外に出て実際に自分で体験してそれで得てほしい」
「人間が大きく変わるのは、ネットの世界で変わるわけないんですよ、人間の幅が広がるなんて言うのは。やっぱり人間は人間同士、要するに何か新しいことを学ぶことによってしかできないわけですよ」

んー、玉川さん自身はもっとネットに関心を持ったほうがいいと思う。ネット言論の空間はとてつもなく広い。
コメンテーター席に座ったまま自論を言いっぱなしにするだけでなく、世界に出て日本を眺めてみたほうが良いと思う。長期居住でないとあまり意味はないと思うけどね。

 

どうぞよろしくお願いいたします ⇒ 
人気ブログランキング

 

 

 

|

« いらつくリベラリズム | トップページ | あれは国なのか »

コメント

>robita様

実際に体験して得た知識は、確かにその人の人間としての幅を広げますが、そもそも「実際に自分で体験」する機会はそんなに多くはないと思います。その意味で、実際に現地に行かなくても擬似体験出来るネットの存在は決して軽くはないと思います。

ネットでの議論を通じて知識を磨き、そして鍛えられた部分も私の中には有ります。マスコミは新聞やテレビだけで情報を独占し、国民世論を自在に操ってきた過去が有ります。玉川氏は、それを過去のものにしてしまったネットの存在が疎ましくて仕方がないのでしょう。

玉川氏に限らず、ネットを公然とバカにする人達は、実際にはネットの存在を恐れているのではないでしょうか。実体験であろうとネットであろうと、それ迄自分の中で常識だったものが崩れ去る程の新しい知識に直面した時、人は大きく変わると思います。私もそうでしたから。


>んー、玉川さん自身はもっとネットに関心を持ったほうがいいと思う。ネット言論の空間はとてつもなく広い。<

>コメンテーター席に座ったまま自論を言いっぱなしにするだけでなく、世界に出て日本を眺めてみたほうが良いと思う。長期居住でないとあまり意味はないと思うけどね。<

同感です。ただ、その前に、玉川氏はネットの世界に飛び込んで、マスコミが演出している「言論」よりもネット言論のレベルが如何に高いかを学ぶ必要が有ると思います。もっとも、玉川氏にそれだけの勇気は無いでしょうが。

投稿: まゆゆファンММ | 2019年12月29日 (日) 22時48分

★まゆゆファンММ さん

>実際に現地に行かなくても擬似体験出来るネットの存在は決して軽くはないと思います<

仰る通りで、私もずっと専業主婦で社会経験が恐ろしく乏しいわけですが、長年ネットで情報を取捨選択しているうちに、偉い学者の先生でも考える力がないんじゃないかと思える人が結構いることがわかってきました。私でも説得できちゃうんじゃないかと思ってしまうほどです(笑)
実際、どんなに知識量があって地位もある学者でもネットで一般人に論破されてしまうことだってあります。(「論破」といっても、左翼言論人は議論に応じないので、「議論の末」というより、この学者より一般人の言ってることのほうが筋が通っていると、傍観者として判断できる、ということですが)

>玉川氏に限らず、ネットを公然とバカにする人達は、実際にはネットの存在を恐れているのではないでしょうか。<

例えば玉川氏はネットで散々批判されていますが、どういう風に批判されているのか知ろうともしないみたいですね。恐れているのだと思います。

投稿: robita | 2019年12月30日 (月) 21時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« いらつくリベラリズム | トップページ | あれは国なのか »