« 逆恨み、さもありなん | トップページ | いらつくリベラリズム »

2019年12月17日 (火)

ボーッとしてるといつのまにか

困ったことです。→ https://snjpn.net/archives/171785

北海道の土地が外国人に買われるのを規制できないのは、国交省が公明党に牛耳られているからなんですって。
外国人といっても怖いのは中国人です。このままでは北海道は中国人に乗っ取られてしまいます。

でも自民党は公明党の協力がないと選挙で勝てないんです。

自民単独で政権が取れるならこんなことにはならないということですかね。ま、自民党の中にも、中国人大好きで彼らが日本の土地を買うことや外国人参政権になんの警戒もしていない政治家がいるようですが。

公明党は何かと政権の足を引っ張るので、自民党単独で過半数を取れるように投票するか、自民党がイヤなら野党でもいいから、国土を守る気概のある候補者をしっかり見極めるとか、有権者がしっかりしないといけないですね。

 

どうぞよろしくお願いいたします ⇒ 
人気ブログランキング

 

関連記事:「中国32番目の省?」 

 

. 

|

« 逆恨み、さもありなん | トップページ | いらつくリベラリズム »

コメント

>robita様

自民党の支持率は4割前後ですので、支持者全員が投票すれば投票率が7割程度の高さでも充分に過半数の得票数を得る事が出来るのです。無論、選挙区では圧勝、参院選の比例区でも過半数の獲得が見込めると思います。

結局、自民党支持者のかなりの割合の方々が投票に行かないので、公明党にいいようにやられているのが現状です。また、選挙が近くなるたびにマスコミは、些細な事でも大スキャンダルに仕立て上げてしまいますので余計に得票率が伸びないのだと思います。

「保守」とされる日本維新の会でも、実際にはかなり反日政治家が跋扈しています。特に道州制は道州知事の権限が強くなりますので、沖縄の基地問題でも道州知事の一存で自衛隊も米軍も沖縄からの退去を余儀なくされるかも知れません。

日本は、桜を見る会「問題」で内閣及び自民党の支持率が急落して立憲民主党の支持率が上昇したように、まだまだ既存のマスコミの力が強いので真の保守政党が育ちにくいのかも知れません。

幸い、私が住んでいる所を含む選挙区から当選した衆議院議員はバリバリの保守政治家(清和会、但し若手のため発言力を高める必要あり)ですので安心して投票できるのですが、他の派閥に所属している議員は必ずしもそうとは限りませんので難しいですね。

まともな政治家が育つには、やはり有権者が賢くならないと駄目ですね。

投稿: まゆゆファンММ | 2019年12月19日 (木) 21時24分

★まゆゆファンММ さん

>「保守」とされる日本維新の会でも、実際にはかなり反日政治家が跋扈しています<

そうなんですか。維新の会はまともな野党だと思っていましたが。下地さんなどは時々?な発言されますけど、まああとから入ってきた人ですけどね。

私は道州制がいいんじゃないかと思っていましたが、沖縄が活動家に牛耳られた状態では中国の思惑通りになってしまいかねませんね。

>まともな政治家が育つには、やはり有権者が賢くならないと駄目ですね<

本当にその通りですが、サヨクの人たちも同じことを言います。
立憲民主党とか共産党を素晴らしい政治家集団だと信じるこの人たちは「有権者がバカだから安倍政権が続く。有権者が賢くならないと日本がダメになる」と言うんですね。

一度志位さんでも総理大臣にしてみて、日本がどんな状態になるか実験してみないとわからないのかなあと思います。
まあ彼らにしてみればその「おかしな状態」こそが目標なのかもしれませんが。

投稿: robita | 2019年12月20日 (金) 10時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 逆恨み、さもありなん | トップページ | いらつくリベラリズム »