« だって好きなんだもん | トップページ | さようなら、BLOGOS »

2020年1月30日 (木)

全体の安全より個人の権利が優先しがちな日本

武漢からの帰国者をなぜ強制的に隔離しないのか、という声がネットを中心に溢れています。

症状がなくても感染している可能性がありますから、感染拡大防止のために隔離は必要だと誰でも思いますよね。

なぜそれができないかと言うと、強制的にそういう措置がとれる法律がないからだそうです。
到着後のウィルス検査を拒否した人も2人いて、検査を受けるよう長時間説得してもわかってくれないそうで、これも法的拘束力がないので強制検査はできません。

日本と違って他の国では、緊急事態に備えた法律があるんでしょうね、集団隔離とか抵抗なくやっているようです。

ということは、日本も緊急事態にはそういう措置を取れる法律を作ればいいだけの話ですね。法律を制定・施行するのにはとても時間がかかるようですので、普段からそういうことを考えて手を打っておくべきだということですね。

政治家の皆さんもいろいろ忙しいとは思いますし、国民の知らないところで前もってしっかり手をうっている事はきっと他にたくさんあるのだと思いますが、こういう直接的に命にかかわるようなことは優先的にやってほしいと思います。

 

よろしくお願いいたします ⇒ 
人気ブログランキング

|

« だって好きなんだもん | トップページ | さようなら、BLOGOS »

コメント

>robita様

総理大臣の判断で緊急事態に対応出来るようにするには、憲法改正が一番だと思います。自民党の草案にはちゃんと書いてありました。

法律でやろうとすれば、まず人権派○○が人権侵害だとデモ行進して法案を廃案に追い込んでしまうでしょう。マスコミもネガティブキャンペーンをがんがんやるでしょう。

これ迄散々自民党の草案を叩きまくっておきながら、いざこのような非常事態に陥ると安倍総理一人の責任にして倒閣の材料にするのは、情報戦の常道とはいえ卑怯ですね。

やれ安倍一強だの独裁だのと批判して安倍総理の手足を縛っておいて、今度は対応が遅いと批判するのですから、安倍総理叩き有りきなのが見え見えです。

元はと言えば、私達有権者が衆参両院で自民党に3分の2を与えてこなかったのが原因です。平たく言えば、「安倍政権での憲法改正に反対!」と言い不作為を重ねてきたツケが回ってきたという他ありません。

そして、新型コロナウイルスが落ち着いたら、また憲法改正に反対するのでしょう。

投稿: まゆゆファンMM | 2020年1月31日 (金) 12時49分

★まゆゆファンMMさん

緊急事態条項を憲法に書き込むことは、左翼にとって耐えがたい事で、反対するのはよくわかります。

ただ、今回は検疫感染症に指定されているのだから憲法にかかわらず感染拡大防止のため国は強制力が持てるそうです。それで政府はその運用を前倒しして明日からにすることにしたんですね。

改憲派の政治家が「こういう時のために憲法改正が必要だ」と発言したことに対して、「モーニングショー」の玉川徹氏が、思いっきりドヤ顔で批判していました。
「こういう事態を利用して改憲派は自分たちの『野望』を遂げようとしている」と。

色々な出来事を利用して自分たちの主張を通そうとすることは、左翼のほうがずっと多いと思うのですが、一回でもこういうことがあると左翼はメチャクチャ叩いてきますから気を付けたほうがいいですね。
「野望」だなんて、まるで邪悪な陰謀であるかのように印象づけようとします。
そしてマスコミは護憲派の陰湿さについては何も言いません。
日本はまだまだ左翼天国だなあとつくづく思います。

投稿: robita | 2020年1月31日 (金) 14時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« だって好きなんだもん | トップページ | さようなら、BLOGOS »