« 結局彼らは「守旧派」 | トップページ | 大将の首を取った後の野党の生き甲斐や如何に »

2020年2月16日 (日)

我が世の春を満喫する野党

国会で辻元清美議員の無礼極まりない捨て台詞に腹を立てた安倍首相がよせばいいのに「意味のない質問だよ」と吐き捨てましてねぇ、立ち去ろうとしていた辻元氏がそれを聞きつけて振り返り、色をなして「今の誰が言った!」と踵を返し、委員席の前列に控える野党議員たち(ああいう人たち、なんていうんですかね。政府側の答弁を問題視して議長に詰め寄る係の人)を、アゴでしゃくって「野郎ども、やっちまえ!」とばかりにけしかけるさまは、あたかもヤ○ザの頭目のようでござんした。

「鯛は頭から腐るという言葉がある」「その腐った頭を取り替えないから、いろいろ問題が起きる」「上が腐ってるから官僚の皆さんが可哀想」、こういったことを長々と総理に説教する辻元氏。いや総理に対して「あんたは腐ってる」と言ってるわけだから説教じゃなくて誹謗中傷ですね。

「魚は頭から腐る」と「腐っても鯛」が混ざってしまったと思われますが、それはそれとして、動画を見ると、あまりの言いたい放題に総理も腹に据えかねたのだろうと思いました。怒るのも無理はない。

自民党の石破茂氏は「野党にも敬意をもって接するべき」として首相の態度に苦言を呈したそうですが、それ辻元さんに言ってくれませんか。

あれだけ無礼な言葉を投げつけた辻元氏は謝るどころか、首相の謝罪を取り付けたことで事態を収めたそうで、さらに、もし首相の対応が不十分だった場合、野党側は首相に対する懲罰動議の提出を検討してるんだそうで。

なんたる不条理。・・・・・ま、そういうもんか。

野党は何を言ってもいいが、首相はどんなにひどいことを言われても怒ってはいけない。

与党は現実の政治を担当し、少しでも不備・不始末があれば徹底的に責められる。
野党は面倒な実働を免れ、批判だけは思い切りできる。

野党連中は「今が一番幸せ、うふっ」とか言ってんじゃないの?

 

よろしくお願いいたします ⇒ 
人気ブログランキング

 

言論「アゴラ」の記事もどうでしょう 
     → http://agora-web.jp/archives/2044328.html

 

 

 

|

« 結局彼らは「守旧派」 | トップページ | 大将の首を取った後の野党の生き甲斐や如何に »

コメント

>robita様

内閣支持率は軒並み低下する一方、立憲民主党の支持率は軒並み上昇し、共同通信社の世論調査では再び2ケタになったのですから、野党もマスコミも笑いが止まらないと私も思います。

あの時、辻元氏は「けじめをつけると言えば、言わないつもりだった」とか、「憲法改正は諦めてお辞めになったら」とも言い放ち、辞任を要求する始末でした。

結局、私が動画などで視聴した限りでは、彼女の発言は罵詈雑言と辞任要求のみであり、具体的な質問は有りませんでした。こんな発言を安倍「議員」が辻元「総理」にしようものならば、マスコミから「問題発言」として袋叩きに遭い、たちまち議員辞職に追い込まれてしまうでしょう。

特定野党など、マスコミに近い政治家の悪事や問題の有る言動は隠蔽され、マスコミが敵視する政治家の言動は問題が無くても大袈裟に報道されるのですから、特定野党の人達がやりたい放題になるのは当たり前です。

そんな報道や政治姿勢に国民が一斉に反発すれば良いのですが、マスコミや野党に騙される国民が少なくないからこうなるのでしょう。

ことわざでは「魚は頭から腐る」と言いますが、とかく共和制などの民主主義国家では国民は優れた人物の登場を嫌がるものです。これはかのマキアヴェッリも指摘しており、腐敗或いは堕落した国民から立派な指導者が現れる事は難しいようです。

投稿: まゆゆファンMM | 2020年2月17日 (月) 17時12分

ここ数日で局面が変わりましたね。

先週の野党 「せっかく桜を見る会の追及をしてたのに、余計なウィルスが流行りやがって。さっさと収束しろ。早く桜の話をさせろ」

新型肺炎に有効な対策を打ち出せない政権に国民の不安が高まり、内閣支持率が低下(野党の桜の追及とは関係ない)

今週の野党 「安倍のコロナウィルスへの対応の遅れが感染拡大を招いている。徹底的に批判されるべきだ。コロナは収束するな」

本当に野党は気楽でいいですね。国賊でしょう。
国家の非常時に、政治家は一丸となって国民のために働くのが仕事なのに。

投稿: かめめ | 2020年2月17日 (月) 23時16分

★まゆゆファンMMさん

立憲民主党の支持率上がったんですか。誰が支持するんでしょう。不思議。
辻元さんは総理が謝罪した後もくどくどとお説教してましたね。しつこい。とても不愉快な人です。誰がこの人を支持して当選させているのかこれも不思議です。
たしかに桜問題は初動対応がまずかったために、特定野党やマスコミに揚げ足を取られっぱなしで、結果的に「首相は不誠実」という印象を国民に持たれてしまいましたが、元々は大した問題ではなかったはずです。民主党時代もやっていたことなので、「きちんと基準を決めましょう」と与野党で合意すれば済むことでした。これについては政権は批判されても仕方がない。
野党やマスコミの印象操作をそのまま信じてしまう人が多いのが一番困ったことですね。
民主主義がきちんと機能するためには、やっぱり国民一人一人が、操作されることなく自分で考えるしかないです。

投稿: robita | 2020年2月18日 (火) 10時07分

★かめめさん

なるほど。そういう流れで見ると国会での特定野党の高揚感に満ちた態度が説明できますね。
いずれにしても彼ら野党(立憲民主)は国民のことはこれっぽっちも考えておらず、とにかく安倍首相を引きずり下ろすことしか考えていない、これだけは確かです。
国賊・・きつい言葉ですが、言いたくもなりますよね。

投稿: robita | 2020年2月18日 (火) 10時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 結局彼らは「守旧派」 | トップページ | 大将の首を取った後の野党の生き甲斐や如何に »