« 「小泉改革」を再考 | トップページ | 恐怖のカルト宗教国家 »

2020年3月24日 (火)

中国がアメリカに取って代わると大変なことになりますよ

朝日新聞って何故すぐに突っ込まれるようなことばかり書くのでしょう。

「素粒子」:
≪人類の敵はウイルスだ。なのにトランプ氏は「中国ウイルス」、麻生氏は「武漢ウイルス」と、敵は中国と言わんばかりに。
いまこそ世界の知見の結集が欠かせないのに。≫

なぜ多くの人が「中国ウイルス」「武漢ウイルス」と呼ぶべきだと主張しているのか、その理由を朝日新聞は知らないようです。

「世界の知見の結集が欠かせない」のは当然のことです。
発生源である中国が他国に責任をなすりつけるような言動をし続けている状態で知見の結集などできるのですか。

いつもいつもとんちんかんなことを書いて批判されまくりなのになんで改めないのかなあ。
何を言われるかわかってて書くのなら、騒ぎを起こして注目してもらいたいのか、それとも単なる自虐体質でしょうか。

でも叩かれて喜んでいるのでもなさそうです。

何が目的なんでしょうか。よくわからない新聞です。

もっとわからないのはそんな新聞を買い続けている朝日大好き読者です。


よろしくお願いいたします
 ⇒ 

人気ブログランキング


中国外交部はついにこんなこと言い出しました。https://snjpn.net/archives/186889

≪ウイルスが「中国製」だと言うなら、中国製のマスクをつけるな、中国製の防護服を着るな、中国製の人工呼吸器を使うな≫

 

 

|

« 「小泉改革」を再考 | トップページ | 恐怖のカルト宗教国家 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「小泉改革」を再考 | トップページ | 恐怖のカルト宗教国家 »