« 敵は外に | トップページ | 政治ショー »

2020年3月 2日 (月)

一人一人ができること

全国の学校に休校を要請したことで、安倍首相がマスコミや野党に責められています。

「あまりにも唐突だ」というのですが、それでは、前もって少しずつ示唆していたらどうなっていたでしょうか。
「やるのかやらないのか、はっきりしてくれ」と非難されたでしょう。

安倍首相のほとんど独断だったということに対する批判ですが、専門家会議にかけていたらどうなっていたでしょうか。
議論百出、賛否が対立し、決定するまでにとても時間がかかったんじゃないですか? そうしたら「何をやってるんだ。早く決めろ」とか騒いだんじゃないですか?

批判されても独断で即決しなくてはならないことってあると思います。ここが総理大臣の悩み苦しむところでしょう。

「リーダーが決めてくれないと動けない」と人はよく言います。

一方で「国が勝手に決めるな。国は国民に干渉するな。我々が国をコントロールするんだ」とも言います。

国ができることと、国民一人一人ができることがあります。

こういう災害の時はやはり国全体で一致団結して乗り越えるんだという気持ちをもって、なにもかも国に頼るのでなく国民も自分で考えてできることをやるべきなんだろうなあと思います。

我慢しなくてはならない時というものがありますよね。
心が自立してないと、店員さんたちを苦しめるこういう人になってしまいますので気をつけましょう。 → https://snjpn.net/archives/183073

 

よろしくお願いいたします ⇒ 
人気ブログランキング

|

« 敵は外に | トップページ | 政治ショー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 敵は外に | トップページ | 政治ショー »