« 結局、官邸と朝日新聞の戦いではないか | トップページ | 変な人たちの変な意見が通っちゃう変な国、日本 »

2020年5月19日 (火)

次も「#〇〇に抗議します」ですか?

弁護士の北村晴男氏が次のように言っています。

「『検察が内閣の言う通りに捜査をするようになる』は”妄想”。
検察官は『定年延長程度で内閣の言う通りになる事は絶対有り得ない』と口を揃える。
今回、元特捜部長等が言ったのは『検察の”威信”が害される』  
国民の皆さんは朝日新聞のキャンペーンに惑わされて理解し難い所」 

 → https://twitter.com/PeachTjapan2/status/1262568688978255872

「検察の個々の事件に内閣が介入したのは【中国漁船衝突事件】の時だけ」だそうです。民主党政権の時ですね。

で、立憲民主党が「政権が検察の捜査に介入するようになる!」と騒いでいるのは、「自分たちがやったから、他の政権でもやるに違いない」と言ってるのと同じことだ、とTwitter民に言われています。

 

ところで、国民投票法改正案を自民・公明が今国会で成立させる方針、というニュースがありました。
国会に提出されてからずっと野党が審議に応じず二年も放置されたままの法案です。

検察庁法改正案に反対した人々が今度はこの法案に反対しています。

 

左翼はなぜこんなに安倍政権のやることなすことを批判し、反対するのか、それは言うまでもなく憲法改正阻止です。
安倍晋三という人を信用ならない悪者に仕立て上げ、こんな人間の下での憲法改正は許せない、という世論を作り上げるのが彼らの手段であり、憲法を変えさせないことが彼らの目的です。

彼らの存在基盤である「憲法9条」を守らなければならない、憲法9条を変えられたら自分たちのアイデンティティが崩壊する、その恐怖に怯えるが故の必死の抵抗です。

なんと情けないことでしょうか。究極の我欲です。

芸能人の方々はまた「#国民投票法改正案に抗議します」に群がるんでしょうね。うんざり。

 

よろしくお願いいたします ⇒ 
人気ブログランキング

 

 

 

|

« 結局、官邸と朝日新聞の戦いではないか | トップページ | 変な人たちの変な意見が通っちゃう変な国、日本 »

コメント

>robita様

次は「#安倍首相の辞任を要求します」かも知れません。

前回の記事に再度コメントしましたが、マスコミは黒川さんの「賭けマージャン疑惑」をそれだけで終わらせる筈はなく、必ずや「黒川疑惑」として安倍政権の新たなる「疑獄事件」として大きく膨らませるでしょう。

マスコミだけでなく、芸能界も全力を挙げて倒閣工作に乗り出すでしょう。今回の「#検察庁法改正案に抗議します」は、ただの前哨戦だったのかも知れません。

今回の件で、朝日新聞は国民が安倍政権よりも自分達の捏造報道の方を信じる事にかなりの手ごたえを感じた筈ですから、ここで一気に安倍政権の息の根を止めようとするでしょう。憲法改正を阻止するには、それが手っ取り早いですから。

折角ここまで来たのですから、せめて国民投票法の改正までは安倍総理には何とか持ちこたえて欲しいものです。

投稿: まゆゆファンММ | 2020年5月20日 (水) 19時04分

★まゆゆファンММさん

>必ずや「黒川疑惑」として安倍政権の新たなる「疑獄事件」として大きく膨らませるでしょう。<

やってて後ろめたくならないのかと思います。
旧民主党で自民会派に入った議員さんたち、どんな気持ちでこれらの旧同志の言動を見てるんでしょう。
自民党内にも少なからず反安倍はいるでしょうから、その人たちは内心嬉しがってるかもしれませんね。

>折角ここまで来たのですから、せめて国民投票法の改正までは安倍総理には何とか持ちこたえて欲しいものです。<

こうも激しく攻撃されるともう改憲は安倍総理の下では無理なんじゃないかと思います。
でも、次期総理で改憲に熱心な人はいなさそうで、結局先送りになるでしょう。
周辺国に武力で脅されても何もできず実質的に大きな損害を受けるようになって初めて日本国民は後悔するんじゃないでしょうか。もうそれしかないように思います。

投稿: robita | 2020年5月20日 (水) 21時56分

>robita様

>やってて後ろめたくならないのかと思います。<

後ろめたくならないんだと思います。彼らの目的は日本潰しですから、むしろ嬉々としてやっていると思われます。

旧民主党で自民会派に入った議員達も、殆どは野党では議員を続けられないという判断で、政治的延命のために自民会派入りした議員達ばかりですから、自民党内の反安倍派の議員達と一緒になって喜んでいるでしょう。

安倍総理が駄目なら、最早期待出来るのは高市早苗総務相位でしょうか。しかし、如何に改憲に熱心でもこんな形で徹底的に邪魔されるようでは難しいかも知れません。

>実質的に大きな損害を受けるようになって初めて日本国民は後悔するんじゃないでしょうか。<

それでも、マスコミに騙され易い国民は「アベノセイダー!」と思い続け、言い続けるんじゃないでしょうか。政府の対応を遅らせているのは他ならぬ反日勢力なのに、「総理の対応は後手後手」「現実派の指摘に背を向け続けた(門田隆将氏)」という言葉を真に受けるのですから、マスコミの力は侮れません。

投稿: まゆゆファンММ | 2020年5月21日 (木) 06時16分

★まゆゆファンMMさん

>政治的延命のために自民会派入りした議員達ばかりですから、自民党内の反安倍派の議員達と一緒になって喜んでいるでしょう。<

まあそういう人ばかりではないとは思いますが、自分の身分確保のためには国益など関係ない、という議員はたくさんいるでしょうね。
国民だって国益より目先の自分の利益を追求するんでしょうから。 
「国益」はつまり国民のため、とは考えないんですね。

>マスコミに騙され易い国民は「アベノセイダー!」と思い続け、言い続けるんじゃないでしょうか。政府の対応を遅らせているのは他ならぬ反日勢力なのに<

政権に対する左翼勢の執拗な攻撃を見ていると、「アイデンティティが崩壊する恐怖」などという生易しいものでなく、中国(や朝鮮半島)による戦時さながらの工作活動が本格化してきたのではないかと思ってしまうほどです。

投稿: robita | 2020年5月21日 (木) 14時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 結局、官邸と朝日新聞の戦いではないか | トップページ | 変な人たちの変な意見が通っちゃう変な国、日本 »