« 2020年7月 | トップページ | 2020年9月 »

2020年8月29日 (土)

安倍首相辞任表明

安倍首相は様々な誹謗中傷に耐えてよく7年8か月も頑張ってくださいましたね。

本当にお疲れさまでした。

安倍政権を「独裁」とか「権力の私物化」とか「利権誘導」とか何の根拠もなく執拗に責め続けたマスコミ・特定野党・活動家のおかげで、支持率も下がりついに憲法改正も成りませんでした。

私たち日本国民にとっての悲願である憲法改正を阻もうとするそれら勢力は、国家の基盤や安全保障の何たるかを知らぬ情報弱者たちを巧みに操り続けました。

安倍首相がなぜこれほどまでに叩かれたかというと、「憲法改正」「自虐史観を改める」という方針をはっきり打ち出したからです。

次の首相はきっと、そういうことをはっきり言わないでしょう。でなければ安倍さんと同じ目に合うはずですから。

これでまた情けない日本に逆戻りです。

まあ仕方がない。これがGHQに洗脳されたまま目覚めない日本人というものです。

安倍さんにおかれてはゆっくり養生なさって、今後も一国会議員として日本を支えていただきたいと思います。

桜井よしこさんや橋下徹さん等、本当に日本の現状を憂えている人たちと組んで、どんどんメディアに出て発信するのが良いでしょう。
日本に巣食う反日勢力を一掃する気持ちで再び頑張ってくださるようお願いいたします。


よろしくお願いいたします
 ⇒ 

人気ブログランキング


    関連記事:
「命をかけて」  

 

| | コメント (0)

2020年8月27日 (木)

「中国を信じたい」というお父様

鳩山紀一郎さんは鳩山由紀夫元総理大臣の息子さんですが、父とは価値観が違う、と言っておられます。→ https://twitter.com/KHsenshin_kai/status/1298222295375200262

東アジア共同体構想についてお父様と話し合ったけれど、ついに説得することはできなかったということです。

人にはいろいろな考えがありますし価値観が違って当然なのですが、アメリカと距離を置いて共産主義独裁強権国家中国と組もう、などと本気で考える人が日本の総理大臣だったということに改めてびっくりしてしまいます。

私たち日本人は、たとえ短期間にしろ、そんなとんでもない人を総理大臣に選んでいたことをおおいに反省しなければなりません。

しかし親子間での「左翼思想の継承」が行われなくて本当に良かった。これは河野洋平氏についても言えることですが、賢明な息子さんをお持ちになられましたね。
良識ある跡取り息子が左翼の系譜の断絶を図った、というより、鳩山由紀夫さんや河野洋平さんの思想が突然変異なだけなのかもしれませんが。


 よろしくお願いします ⇒  
人気ブログランキング

| | コメント (0)

2020年8月26日 (水)

日本のコロナ対策は悪くない

 ≪そもそも、コロナは「原則入院」すべき重病なのか。政府が始める議論に注目する。≫

これ、昨日の朝日新聞夕刊コラム「素粒子」に書かれていました。

「私はこれ読んで思わず椅子から転げ落ちそうになりましたよ。朝日新聞やその系列テレビ局が重病扱いして散々煽ってたんじゃないですか」と辛坊治郎氏がラジオで言ってました。

きっと朝日新聞も「インフルエンザと同程度の病だとしたら、経済にこれほどダメージを与えてまで自粛したり検査陽性者を隔離したりする必要があったのだろうか」と気づき始めたのかもしれませんね。

gotoキャンペーンも随分と批判されていますが、政府としてはこれ以上の経済の落ち込みを防ぐためにやらざるを得なかった施策だと思います。やるべきではなかったと言う人は、それでは経済悪化で困窮する人々を救うためにどうすればよかったというのでしょうか。

「業者に直接お金を配れ」?

「観光でお金を使ってもらうこと」と「直接給付」では比べ物にならないくらいの効果がある(様々な関連業界が潤う → 人を救える)、と計算したうえでの対策でしょう。それを理解することが大事です。

他の誰が政権についていたとしても同じことをやったんじゃないでしょうか。安倍政権だから批判するというのはあまりにも幼稚です。


コロナで若い人はほとんど死なないのです。
年寄りは死んでもいいのか、と怒る人がいるかもしれないけど、経済の落ち込みで若い人が死ぬことこそ防がなくてはならないと思います。

「モーニングショー」の玉川徹氏は「コロナを抑え込みさえすれば経済活動を再開できるんだから、検査して隔離」と繰り返していますが、抑え込むなんて無理。

そんなこと言ってたらいつまでたっても経済動かせないし、若年世代のコロナ死でない死が増えるだけだと思います。

 

よろしくお願いします ⇒ 
人気ブログランキング

 

 

 

| | コメント (0)

2020年8月24日 (月)

世田谷封鎖

今朝久しぶりにテレ朝「羽鳥モーニングショー」見てましたら、感染学の岡田晴恵教授がまだ出演していて、相変わらず「PCR検査を増やして、陽性者を封じ込めて・・・」と力説しておられました。

陽性者をあぶり出して隔離することの無意味がまだ分かっておられない。

こういう人にどう説明すればいいのかなあ・・・と思っていたら、永江一石氏のツイートが目に入りました。

何者なのかよくわからない人ですが、発信する意見はなかなか的を射ていて、共感するものが多いです。

世田谷区が「いつでもどこでも何度でもPCR検査を受けられるようにする」という方針を出しましたが、とりあえず「世田谷区の保育士ら2万人、一斉PCR検査へ…症状の有無問わず」ということになったそうです。

これについて永江氏のツイート:→ https://twitter.com/Isseki3/status/1297688244625186816

 

2万人検査する

数百人の陽性でる

世田谷区をロックダウンしろと日本中が怒号

世田谷のお店やサービス壊滅!

見えました!

 

これを受けて、「どんなことになるか無症状者2万人検査やってみるといいと思う」という返信も見られます。

無症状の陽性者をあぶり出すことがいかに無意味かということはすでに多くの人が論じていますが、無意味どころか更なる大きな混乱を生じさせる可能性が高いことを永江さんのツイートは指摘していると思います。

「モーニングショー」の意固地はいつまで続くのか。

 

よろしくお願いします ⇒ 
人気ブログランキング

 

| | コメント (0)

2020年8月22日 (土)

日本を抑えつけておきたい人たち

しおんママさんのツイート→ https://twitter.com/sionmamasan/status/1296737331236360192

日刊ゲンダイ、酷いもんですね。悪意の塊、これが反安倍勢力の正体です。

こんな書き方をする人たちの言うことが信じられますか?

真っ当な政権批判とは言えず、単なる「憎悪」です。それにそんなに憎むほどの理由を上げていない。

冷静な国民には理由はわかってますよ。安倍政権があなたたちに都合の悪い方針を掲げ、成果を上げつつあるからですよね。

・自虐史観からの脱却(教育改革)
・アメリカとの同盟を強化
・敵基地攻撃能力等、積極的な自主防衛を目指す
・特定秘密保護法成立 テロ準備罪の成立
・周辺国(特に韓国)の理不尽な要求に言いなりになるのをやめた
・天下りあっせん禁止
・憲法改正に向けて国民投票法制定

この他、慰安婦問題で最終的且つ不可逆的に解決したことを韓国と合意(のちに韓国に裏切られましたが)。
拉致被害者奪還のためのたゆまぬ努力(日本単独では無理なのでアメリカと協力し北朝鮮経済制裁)。これは横田さんの息子さんが「安倍総理はよくやってくださっています」とマスコミに怒りをぶつけましたね。
私は詳しくないのですが、政治の動きをきちんと追っている人ならもっと安倍政権の頑張りや成果を挙げられるんじゃないでしょうか。

で、安倍政権のやったこと、やろうとしていることを見ていくと、みごとに反日左翼勢力が困るものばかりです。安倍首相を必死にこきおろす理由がわかろうというものです。

日刊ゲンダイは恥ずかしげもなく憎悪丸出しですが、他の報道機関も同じようなものです。
むしろ日刊ゲンダイは正直なだけ、わかりやすい。他のマスコミはこんなにストレートな言い方をせずもっとずるいやり方をします。

日本のあらゆる分野が特定勢力に牛耳られているので、なかなか難しいのですが、やはり国民一人一人の自覚しかありませんね。

あの人たちに勝つにはそれしかないんです。しっかりしましょう。

 

よろしくお願いします ⇒ 
人気ブログランキング

| | コメント (0)

2020年8月19日 (水)

自分たちにとって甚だ不都合な首相だから

総理大臣とは、なにしろ一国を率いるわけですから、大変な重責で気の休まる時がないほど困難な仕事だろうと想像しますが、首相なんて国会答弁して会見開くだけだから簡単だと思っている人も多いようです。

安倍首相が5か月近く休みなしで執務を続けたことを「働きすぎ。休みを取るべき」と言う人もいれば、
「首相動静を見るとスケジュールはスカスカ」「問題山積の中、国会も開かず、会見も逃げる。全然仕事してないじゃないか」と責める人もいます。

 

首相の執務は具体的にどういうことをするのか私にはよくわかりませんが、「首相動静」に載せられてない部分のほうが多いんじゃないでしょうか。

国会を開かないのは、すでに散々言われていることですが、「開いて何を決めるのか」が大事です。
野党は「コロナ対策について話し合う」といいますが、もし今の政府の対策が間違ってるというなら対案を出して国会開会を要求するべきです。しかし例えば台湾や韓国のような対策を見習え、というなら、厳しい私権制限をかける法律が必要で、野党(特に共産党や立憲民主党)がそういう私権制限に反対するのは明白です。
政府は今の法律でできることを精いっぱいやっているのに、野党が「国会を開け」と、あたかも首相が怠けているかのような言いぶりで非難し続けるのは単なる印象操作でしかありません。対案もなく国会を開いて野党は何をするつもりなんでしょうか。くだらない質問で「舌鋒鋭い」パフォーマンスをやるだけなら国会を開くのは無駄でしかありません。

会見から逃げる、というのは、例えば6日の広島での会見で言えば、飛行機の搭乗時間が迫っていて周囲が首相を急がせただけのことをことさら朝日新聞や東京新聞が「首相が逃げた」という印象に仕立てましたね。

 

彼らは「首相は嘘つきで情がなくて卑怯者で怠け者」という悪印象を拡散しようと懸命です。

首相はもちろん指導者として完璧でもないですし、欠点だって失敗だって色々あるでしょうけど、いったいあんなに悪しざまに罵られるほど酷いですかね。

むしろ問題山積の困難な状況の中、よくやっておられると私は思いますよ。お体大事にしていただきたいと思います。

ま、彼らがなぜしつこく首相を引きずり降ろそうとするのか、理由は明々白々ですけどね。

 

よろしくお願いします ⇒ 
人気ブログランキング

 

関連記事:「安倍首相が嫌われる理由」 

| | コメント (0)

2020年8月18日 (火)

本当の「コロナ禍克服」とは

今朝まとめサイト見ていたらお笑いタレント田村淳さんのツイッターが目に入りました。 →  https://twitter.com/atsushilonboo/status/1295147334720872449

返信を見ると同じように感じている人がとても多いですね。
専門家の方のfacebook投稿を転載している返信がありました。→ https://twitter.com/sumiretthi/status/1295208476075991040

≪日本が完全にオカシイ。もうヤバイぐらいに変だ。
小池百合子女王の街・東京では連日数百人の「PCR陽性者」が発見されて、感染者が全国に広がっているような報道だが、チョイ待てや。
ウチは菌の専門企業なので昔から菌の種類を判別するのにしょっちゅうPCR検査を使ってきたし、PCRを普段から使う医療関係者なら知っている常識だが、あれは「感染者数」じゃなくて「陽性者数」だ。
いいか、ど素人のテレビコメンテーターども。
決して「感染者」ではない。あくまでも「陽性者」である。
その中には「感染」に至っていない「曝露者」が大勢いる。
コロナウィルスが細胞に侵入したら「感染」なのだが、その前に、ほとんどが自然免疫で処理されてしまう。更に「感染」しても普通はT細胞が細胞ごと破壊する。だから、ここまで「曝露者」と「感染者」の98%が「自然免疫」で片付いてしまう。
今の統計を正確に読み込むと分かるけど、「PCR陽性者」(曝露者+感染者)のうち約98%が、無症状か風邪程度で治っている。
国による違いがあるがコロナは「日本人の場合」、曝露力は強いが、感染力が弱いから、重症者も死亡者も大変少ない。
1、陽性反応者
単にウイルスが「曝露」(ばくろ・体の中に入る)しただけで、「感染」(細胞の中に入って増殖する)には至っていない人。
免疫にやっつけられて破壊されたウイルスの残骸が出てきただけの人
2、感染者
ウイルスが細胞内に侵入した人。無自覚、無症状多数。
3、患者
発症してる人。
そして死亡者は全然増えていない。
なのになんでこんなの国を挙げて第二波だの緊急事態宣言だのと騒いどるんだ?
なんでNHKも保健所までただの陽性者を「感染者」と呼んだり「患者」と呼んだりするんだ?
一体どうしてしまったのだ?日本は。
ノーベル賞の山中伸弥先生まで出てきて「厳重警戒」だの「元の生活にはもう戻れない」だのwithコロナだのアフターコロナの「時代」だの、なんかもう人生がめっちゃ変わるかのような報道合戦だが…山中先生…どうしちゃったの?
ワシ大ファンだったのに…。
コロナ、日本は絶対もうすぐ終わるぞ?
まるでマスコミが大騒ぎして煽って第二次世界大戦に突入していった頃の日本に戻ってないか?
日本人、テレビの見過ぎでバカになったのか?≫

 

この投稿は野村慶太朗さんというヨーグルトメーカーの元社長だそうです。

野村さんの少し前の投稿もあちこちで紹介されています:

≪「PCR検査を受けて陰性なら安心」とか「PCR陰性を証明しないと仕事で立場上マズイ」などと聞く

羽鳥なんとかショーではPCR検査さえ行えば、安心安全が得られると思わせるようなことを玉川徹と岡田晴恵とかいう素人が連日捲し立てている。
でも、PCR昔から使ってるバイオ企業の経営者の端くれとして言わせてもらうが、PCR検査は「陰性証明」になどならない。
なぜなら「PCR陰性=ウイルスに曝露*していない人」ではないからだ。
*曝露(ばくろ)=晒されたり触れたりしてる状態。感染・発症とは別。
検査の帰りにウイルスに曝露している人もいるかもしれないし、今日にでも、明日にでも、あるいは来週になれば感染する人もいる可能性は常にある。
だから、バカみたいに検査、検査を続けていっても、陰性の人は、検体採取したその直後から再び「検査候補者」になるだけだ。
こんなの、少し冷静に考えれば子供でも分かることじゃないだろうか。
PCR検査は症状が出て病院に来た人の病原体を特定して適切な治療法を立てたり、何かの統計を取るためにデータ収集する目的以外は何の意味もない。
一体いつまで日本人はこんな無駄な事を続ける気なんだろう?≫

 

「とにかく陽性者をあぶりだして隔離すべき」というマスコミの論調に大いに疑問を感じている人は多いのですが、マスコミが連日流す洗脳のような報道に巻き込まれて、いまだにPCR検査至上主義の人もまた多いのです。
でもこうやって、PCR検査を昔から使っている専門家が言ってくれると説得力がありますね。

「ニューヨークが大々的なPCR検査実施で感染が抑えられた。日本はお手本にすべきだ」などとマスコミは喧伝しますが、すでにおびただしい数の死者を出した挙句にウイルスが弱毒化した結果です。それをもって「成功例」とはこれ如何に。

 

よろしくお願いします ⇒ 
人気ブログランキング

 

 

 

 

| | コメント (2)

2020年8月15日 (土)

戦後はいつ終わる

8月15日、安倍首相は靖国神社に参拝しませんでした。
国際社会で警戒され嫌われ孤立している中国が、味方になってほしい日本に文句を言わなそうな今年は参拝のチャンスだったと思うのですが、なんで行かれなかったのかなあ。

もしかしたら、そういう状況だからこそ、参拝すれば相手の弱みに付け込むようで卑怯だと思ったのかもしれませんね。
マスコミや野党だってきっと「いつもは参拝しないのにまるで『鬼の居ぬ間の洗濯』だ」と首相を嘲笑ったんじゃないかと思います。

毎年毎年終戦の日に靖国参拝で大騒ぎするの、もうやめたらいいのに。
保守の人たちも「ぜひ参拝を」といちいち言わなくてもいいのになあと思います。

そんなことより、なぜこれがこんな大ごとになったのか、その経緯についてみんなが知ること、それが大事です。

戦後、日本の首相が靖国神社を参拝しても中国は別に問題視しませんでした。
ところが1979年にA級戦犯14人が合祀されたことを朝日新聞が報じ、その後政治家の靖国参拝を否定的に報道し続けました。「中国さま、日本はまだこんな悪いことしております」って。
で、中国はそれを外交カードに使えると気づき、こんなに大きな外交問題に発展してしまったというわけです。

中国に「ご注進」して日本の立場を悪くすることに熱心な朝日新聞。

75年も経ってまだ洗脳から脱することができない日本人。

朝日新聞が改心することはないでしょうが、目覚める国民が増えますように切に願います。

 

よろしくお願いします ⇒ 
人気ブログランキング

 

関連記事:「63年経った」

      「戦後日本の長い年月」       

       「毎年繰り返されること」

| | コメント (0)

2020年8月10日 (月)

あんな首相だったらいいなあ

亡くなった李登輝さんへの、阿川佐和子さんの追悼文が今日の産経新聞に載っていました。

阿川さんは李登輝さんに会って親しくお話しした経験が2回もあるそうで、人間的魅力や政治家としての強い信念と実行力に圧倒されたそうです。

で、阿川さんの文章の最後がこれ:
「李登輝さんが日本の首相だったらよかったのに。こんなに日本の歴史に詳しくて、日本の置かれている状況を感情的にならず冷静に判断することができて、しかも日本をここまで深く愛している人は日本人にもいない。首相をやってくださらないかな、と心から思った」

ふむ。

李栄輝さんはたしかに素晴らしい方だと思います。

でも、たとえ李登輝さんを連れてきても日本で素晴らしい首相になったとは思えませんね。

日本を愛し、日本の歴史に詳しくて、日本の置かれている状況を冷静に判断する人なんて日本にいっぱいいます。政治家にもいます。

で、そういう人が首相になっていざ行動しようとすると、邪魔するのがマスコミとマスコミの味方をする左翼勢じゃないですか。
絶大な権力を持っている彼らによって、日本の指導者がどれだけ行動を制限されてると思ってるんだ。

阿川さんもマスコミの片隅にいる人間として少しは反省してください。

 

いや、それでもね、マスコミや国民がどんなに騒ごうが、どんなに支持率が下がろうが、毅然とした態度で外交をし、本当のことをはっきりと言い、連立を解消してでも筋を通す、首相にはそうあってもらいたいと私も本当に思いますよ。

でもそれをやると日本では与党ではいられなくなるんです。したがって首相ではいられなくなるんです。
「李登輝さんみたいな素晴らしい指導者」を生まれにくくしているのは日本人自身でしょう。

「曖昧模糊とした左派的指導者」が受け入れられやすい日本人の政治意識や国家観について考えが至らないうちは、「ああいう指導者がいいなあ」という隣の芝生症候群は治らないと思いますよ。

 

よろしくお願いいたします ⇒ 
人気ブログランキング

 

 

| | コメント (0)

2020年8月 7日 (金)

13400発もあるんですって

昨日は75年前広島に原爆が落とされた日でした。
核廃絶を宣言した2009年のオバマ大統領のプラハ演説とか、広島の松井市長が平和宣言で日本政府に核兵器禁止条約の批准を求めたこととかが各メディアで話題になっていました。

ローマ教皇は広島県の湯崎知事に「平和を実現するためには、すべての人々が兵器を、とりわけ最も強力で破壊的な核兵器を捨て去る必要がある」とメッセージを送り、そういうことは核保有国に言ってください、とネットで突っ込まれてました。

「平和実現のために核兵器廃絶を」ってどんな偉い人が何度力説しようが、誰にも具体的な方法なんか思いつかないのです。
だいたい保有国が核を手放すわけないし。

日本が核兵器を上回る最強の兵器を開発して、核兵器保有国を「お前たち、武器を捨てるんだ」と脅して捨てさせるのが一番良いとは思うんですけど。

 

よろしくお願いします ⇒ 
人気ブログランキング

 

関連記事:「あいつらに名指しで言ってやれ」 
       「最強の兵器」

 

| | コメント (0)

2020年8月 6日 (木)

意思疎通の意思がないなら何のための政権批判?

こういう載せ方していいかどうかわからないけど、マスコミや野党の論調にまんまと乗せられる人たちにわかってもらわないことには政治は混乱するばかりだと思いまして、とても分かりやすい例をツイッターで見つけましたので、丸写しさせていただきます。

まず、俳優宍戸開氏のツイート #臨時国会の開催を求めます: https://twitter.com/quai44/status/1290665695089483776

    ≪外遊も出来ず、地元にも帰りにくく、お盆も言わずもがな…。なのに国会を開かない。
長期戦に及ぶだろう感染症対策について審議も行わないなんて、何のための国会議員なのか?
世界的にも非常事態であるにも拘らず。≫ 

これに対してある方(Aさんとします)の返信:

    ≪宍戸さん、読んで頂けるか分かりませんが国会を開くと"議員先生"ではなく、官僚の仕事量が増えます。
この有事に於いて国会を開き野党の方々のパフォーマンスのために大切な有限な公務員のリソースを食うことが果たして必要なことか
与党批判の声の大きさで見えにくいですがよく見極めたいところです≫

宍戸さんは返信を読まないらしく、代わりに第三者(Bさんとします)の返信が:

    ≪自民党国会議員どころか官僚も仕事したくないんですか≫

Aさん:≪官僚の方々がこの状況で仕事してないと思いますか?
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200702/amp/k10012491871000.html
    https://businessinsider.jp/amp/post-217892?__twitter_impression=true ≫

Bさん:≪それが国会を開かない大義名分になるんですか?≫

Aさん: ≪そもそも国会が何のために開かれているかお分かりでしょうか?
    災害対応やコロナ対応も国会が閉じていてもできるんですよ?
    参議院キッズページというものに書いてあるので良かったら読んでみてください
    https://sangiin.go.jp/japanese/kids/html/shikumi/shigoto.html≫

 

Aさん:≪ブロック…何がしたかったのかな?≫

 

________

SNSなどでしきりに政権批判をやっている芸能人たちは自分の発信につけられている返信にはほとんど関心がなく、議論する気もなく、一方的な言いっぱなしです。
だから何度反論されても同じことを発信し続けます。
彼らが何を言おうと自由ですが、せめて返信を読んで自分の頭で考えてみる、ぐらいのことをしたらどうか。
でないと国民同士の無意味な対立がいつまでも続きます。

政権与党だって欠点は多々あります。でも国民の負託を受けた政権としてせいいっぱい仕事をしていると思います。それは誰が政権を取ろうと同じだと思います。
国政を任された者がなんで国を潰してやろうなどと思うでしょうか。

ツイッターは字数制限があるのでついつい乱暴な言葉になってしまいがちです。
相手を説得することはなかなか難しいのですが、知識があれば上記のツイッターのAさんのように冷静に簡潔に説明することはできるはずです。

相手を罵倒するより、丁寧に説明する、このことができれば、「確信犯」はともかく、情弱者に理解してもらうことは可能じゃないかと思います。

 

どうぞよろしくお願いいたします ⇒ 
人気ブログランキング

 

関連記事: 「せっかく双方向なのに」 

 

| | コメント (4)

2020年8月 3日 (月)

どうしたいのか国民が決めたらいいと思います

いとも簡単に感染してしまうコロナ
感染経路不明者が半数もいるコロナ

検査で感染者を掘り起こして隔離することは果たして何らかの効果があるのでしょうか。

政府の方針は「感染者を出さないことではなく、重症者・死者をなるべく出さない」ということだと思うし、私はその方針を支持します。

PCR検査というのは、その検査時に70%ぐらいの精度で陰性か陽性かということがわかる程度のもので、たとえ陰性と出ても翌日感染する可能性は大いにあります。となると、毎日検査しなければ意味がないということになります。

そう考えると、我々がすべきことは、清潔を保ち、羽目をはずさない、ぐらいのことで十分ではないでしょうか。
PCR信者が叫ぶように「検査して隔離」なんか忠実にやっていたら病院はパンクするわ、経済は破綻するわで国は大変なことになってしまいます。

「PCR検査を増やせ。いや検査は意味がない。強制的に飲食店休業させ補償する法律を作れ。国会を開け。国会開いても野党が真剣に議論できるのか」・・・毎日毎日同じことばかり、いったいいつまで言い合っているのか。
冬が来るまで続けるのか。来年も再来年もやり続けるのでしょうか。

テレビに出てる評論家などは休業補償して強制休業させろとか簡単に言うけど、それって可能なんでしょうか?

政府にもうお金の余裕がないばかりか、休業補償審査のための莫大な作業が必要になり、今でさえ役人は疲弊しているのにこれ以上仕事を増やしたらどうなるんでしょうか。
種々雑多の業態があり、店によってそれぞれ事情も異なるし、その店の関連業者にまで補償するのかとなると際限がありません。
さらにいつ収束するのかわからないのに、来年も再来年も補償し続けるのか。
素人の私でもちょっと考えただけでこういうことが想像できるのに、なぜ政治家も評論家も全然それを言わないんでしょうね。

感染者が多く出るのはホストクラブやキャバクラで、普通の飲食店で感染者が多発することはないそうです。

しかし政府が「軽症者・無症状者が圧倒的に多いのでそんなに怖がらなくてもいい。普通の生活をしてください」などと言えばマスコミは大騒ぎ、国民はパニック状態、政権はひっくり返る。
「誰も死んではならぬ」日本では、コロナを「恐るるに足りず」などとは言ってはならないのです。

日本だけではなく、いま世界は自縄自縛状態なんじゃないでしょうか。

ほとんど普段通りの生活を続けてきたスウェーデンがどうなってるか、日本では全然報道されませんでしたが、やっとニュースが出ました。こんな状態だそうです。→ https://news.yahoo.co.jp/articles/29ab389a024a57e7c93eb58c7fcf5ac8347ceb24

スウェーデン在住の方の報告も。→ https://www.youtube.com/watch?v=2xCnkl_0LOw

高齢者の死亡数が多いとのことですが、集団免疫を獲得したようで収束に向かっているそうです。

とにかく感染者を出さないように経済活動を止めるのか、インフルエンザのようにある程度死者が出ても仕方がないと割り切って経済を回すのか。
どっちが正しいとか間違っているとかの問題ではないでしょう。どっちを選ぶかという選択の問題なんですね。

本当は政府は「皆さんどちらを選びますか」と聞きたいだろうけど、そんな選択肢を投げかけられたら国民は激怒するだけです。
だから政府はあいまいにならざるを得ず、「gotoキャンペーン」を打ち出しながら「自粛」「ステイホーム」を要請するという矛盾にいら立つ国民にうまく説明ができない。

国民の皆さんは政府がどうすればいいと思いますかね。
「重症患者に医療を集中させて普通の生活に戻りませんか」と政府が提案したら怒っちゃうでしょ?「バカ言うな。検査して隔離して感染をとにかく抑えるんだ。困窮する人たちにはいくらでもお金を出してやれ」って。

 

よろしくお願いします ⇒ 
人気ブログランキング

 

関連記事:「共存の覚悟が必要ではないか」 

| | コメント (3)

2020年8月 1日 (土)

有望若手キャスター

テレ朝の夕方のニュース「スーパーJチャンネル」のキャスターが渡辺宜嗣氏から小松靖アナに交代するというのでネットで話題になってます。
小松アナは反日左翼に牛耳られた放送界では珍しいほどまともで、自分の考えをはっきり言う人です。
2018年のお正月討論番組の映像もネットで出回っていますが、私も当時これを見て骨のある人だと思いました。 

割って入ろうとする田原老人の横やりをものともせず、ずるい言い訳をする青木理を追い詰めながらも、最後のところであっさりと解放してやる武士の情け、とでも言いましょうか、今のテレビにはこれぐらい躍動感のあるキャスターがいてほしいと思いました。→ https://www.youtube.com/watch?v=vpXSoNGwKxo

BSだからあそこまで踏み込むことができたのかもしれませんが、小松さんは現在サブキャスターをやっているお昼の「ワイドスクランブル」でも、なかなか良いコメントをしますし仕切りも上手です。

他のニュース番組とは一味も二味も違うものにしていってほしいと思います。
テレ朝上層部、小松さんを自由にやらせてあげなさい。そうすればきっと人気番組になりますよ。

 

よろしくお願いいたします ⇒ 
人気ブログランキング

 

  関連記事:「BS朝日 新春討論」

| | コメント (0)

« 2020年7月 | トップページ | 2020年9月 »