« みんなで声を上げれば怖くない | トップページ | リコール運動に反対する人の正体 »

2020年9月27日 (日)

青木さんみたいな狡い人には

今日のサンデーモーニングでの青木理氏の発言 → https://twitter.com/WeAreFriendAmi/status/1310015276595912704

いつものことで別に驚くにはあたらないのですが、日韓関係が悪いのは韓国に原因があるということをほとんどの日本人が知っているでしょうに、こういう番組がいまだに視聴率を取って存続していることが不思議ですよねえ。

ただ、SNSなどでこういったことを批判するときにやたらと「!!」を使って書くのはどうなんでしょう。「やっぱり韓国のスパイ!!」とか(笑)
私は逆効果じゃないかと思うのです。
感情的になっているという印象を持たれてしまいます。もちろん怒って当然のことだし、感情的になるのもわかります。特に「(日本が)妙な歴史観振り回して」というところなんかメチャメチャ腹立ちますよね。
でもあの人たちは批判者の感情的な表現をうまく利用して「ネトウヨは過激だ」だなどと吹聴しますからかえって損だと思います。

もちろんそういう人ばかりではなく、冷静に厳しく批判する人の方が多いとは思いますが、感情的な書き込みは目立ちますね。
こっちの言い分が正しいという自信があるならば、批判や議論においては、できるだけ感情を抑えたほうがいいのではないかと思います。気の利いた皮肉ぐらいは面白いので言ってもいいですが。

青木さんは喋り方がソフトで絶対に感情的になりません。その方が自分に有利だとわかっているからです。

冷静に論破する、これとっても大事。

特に青木氏のような支離滅裂な人を正しく批判するのはものすごく簡単なのですから、そんなに熱くならなくても大丈夫と思います。

こういう人がテレビに出て間違った発言をしている状態をそのままにしてはなりませんし、批判は必要ですが、やり方には気をつけたほうがいいです。

 

よろしくお願いします ⇒ 
人気ブログランキング

 

関連記事:「感じ良く盛り上げて」 
      「上に立つ者の品格も大事だけど」 
     
      「日韓の場合は『どっちもどっち』ではない」 

 

 

|

« みんなで声を上げれば怖くない | トップページ | リコール運動に反対する人の正体 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« みんなで声を上げれば怖くない | トップページ | リコール運動に反対する人の正体 »