« 通じないのがよくわかった | トップページ | 若年世代に投票権を二人分 »

2020年9月16日 (水)

普通の風邪になったらしい

外を歩くとマスクをしてない人が増えてきているのに気がつきます。私も酷暑が続いていたころからマスクはしてません。熱中症予防。

まあお店の中に入ったりすれば注意されるかもしれないのでするようにしてますけどね。

マスクをしない人が増えたのは、もうあまり怖がらなくてもいいのではないかと思う人が増えたということでしょう。

マスコミも芸能人のだれそれがコロナに罹ったといちいち報道するのもうやめたらいいのに、と思います。

go toキャンペーンのおかげで地方は活気が戻ってきたようです。

もうコロナ以前の普通の生活に戻してもいいんじゃないでしょうか。

 

永江一石さんの論考です。→ アゴラ言論プラットフォーム http://agora-web.jp/archives/2048047.html

「一般大衆は数字が全くわからないので、いまだ怯えております。カジノで億万長者になるより低い確率に、です。」

放射能と同じですね。数字を示して「大丈夫だ」と説得しても怖がる人がいる。

政府や専門家による分科会はもう「恐れるに足らず」という結論に至っているでしょうが、「怖がる一般大衆」を恐れてはっきり言えないのだと思います。

菅首相は案外豪胆な方らしいですから、「怖がる大衆」を怖がらず速やかにすべての規制や禁忌を解除してくださることを期待します。

 

よろしくお願いします ⇒ 
人気ブログランキング

 

|

« 通じないのがよくわかった | トップページ | 若年世代に投票権を二人分 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 通じないのがよくわかった | トップページ | 若年世代に投票権を二人分 »