« 立場 | トップページ | 「反国家」が危険なのは当然でしょう »

2020年10月12日 (月)

橋下徹vs.たかまつなな

TBSの朝の情報番組「グッとラック」で橋下徹さんとyoutuberのたかまつななさんの討論を見ました。
「学術会議」と「性風俗業者へのコロナ休業補償」についてでした。

たかまつさんは慶応大卒で東大大学院でも研究していただけあって、よく勉強されていて知識もある人だなと感じましたが、どうにも頭が固い。
たかまつさんの言い分に対して橋下さんが納得できる説明をしているにもかかわらず、何度も同じ時点に戻って同じことをぶつけてくる。「説明聞いてなかったの?」と呆れますが、左翼の人たちってこうなんですよね。→「サンデーモーニングはいつになったら大人になるのかな」 

論破されても同じことを言い続ける。
思考が凝り固まっているとしか言いようがありません。

 

論戦の場にはタレントの田村淳さんやフリーアナウンサーの神田愛花さんがいましたが、彼らの意見のほうが若いたかまつさんよりよほど自由で柔軟だなと思いました。

やはり頭が固いとか柔らかいって年齢じゃないですね。

いくら勉強ができても「経験」にはかなわない、とは言うけれど、たかまつさんが経験を積みながら年を重ねても柔軟になるかどうか、それはわかりません。固まったまま年取っちゃった人なんていくらでもいますから。

 

よろしくお願いします ⇒ 

人気ブログランキング

|

« 立場 | トップページ | 「反国家」が危険なのは当然でしょう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 立場 | トップページ | 「反国家」が危険なのは当然でしょう »