« 嘘もいろいろ | トップページ | 薄笑いを浮かべた余裕の左翼学者たち »

2020年10月17日 (土)

ツイッターは面白い表現でいっぱい

戦後ずっと日本を覆っていた左翼思想を「何か違う」と国民が気づき始めたところへ安倍政権が誕生し、そのあとを継いだ菅政権とともに、焦る左翼の攻撃対象となってしまっている、というのが、この何年か繰り返し起こる政治的騒動の主な原因だと思います。

左翼勢のあまりに激しい攻撃、そして印象操作は国民にも影響を与え、安倍首相は思い切ったことができませんでしたが、菅首相は平気ですね。これですもん→ https://twitter.com/Alfons226/status/1316962822321020928

≪今まで決して殴り返してこない大人しい安倍総理相手にやりたい放題だったアベガー、無言でいきなり顔殴ってくる菅総理になって「アベにもぶたれたことないのに(震え声)」って腰引けてる?≫

 

読んで大笑いしました。うまい表現です。

菅首相は就任会見で「早く仕事がしたいです」と仰っていました。
安倍首相の仕事を側で見ながら「私だったらそんなに反発は来ないだろう」と思っておられたかもしれませんね。令和おじさんなどと言われて人気が高かったですから。

とにかく何を言われようとひるまず次々と方針を決めていく、そのスピード感に守旧左翼もあっけにとられているのではないでしょうか。

 

よろしくお願いします ⇒ 
人気ブログランキング

 

 

|

« 嘘もいろいろ | トップページ | 薄笑いを浮かべた余裕の左翼学者たち »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 嘘もいろいろ | トップページ | 薄笑いを浮かべた余裕の左翼学者たち »