« 変わらず存続するために変わる | トップページ | 混沌 »

2020年11月 5日 (木)

頼りにならないアメリカ

アメリカの大統領、バイデンさんに決まりそうですね。
トランプさんは選挙で負けても「不正があった」として訴訟するだろうということで、これからひと悶着ありそうです。

(とても不思議なのはバイデンさんが「自分たちはアメリカの政治の歴史の中で最も広範で包括的な不正選挙組織を持っている」と言っている動画がネットでは話題になってるのですが、テレビでは一切取り上げていないのです。これはいったい何なんでしょう)

日本にとってはトランプさんの方が都合が良いのに、日本人はトランプさんに否定的な人が多いですね。
テレビなどはずっとトランプは悪者でバイデン推し偏向報道やってましたから影響受けちゃったんでしょうか。

トランプさんのどこが悪いのかを聞けば、「人種差別」とか「アメリカを分断した」とかそんなことです。

人種差別については、移民や犯罪者(黒人)に厳しいとかいうことでしょう。まあ、移民はやはり本音を言えば迷惑な点も多々あるし、有色人種だからと言って犯罪が許されるわけもありません。
私たちだって日本政府に外国人の我儘に毅然とした態度で対処してほしいとか、頻発している外国人の犯罪をきちんと取り締まってほしいとか思うじゃないですか。

トランプさんはそういう国民の声を代弁しているだけだと思いますが、これがリベラルな人たちに嫌われます。

アメリカの分断については、トランプが原因とは言えません。世界がグローバル化したせいかどうか知らないけど、歴史の流れの中での結果に過ぎないと思います。
分断など世界中の民主主義国で起こっていることです。イギリスでもフランスでも日本でも。
全体主義国家では起こらないものです。

 

ところで、中国が、アメリカのこの混乱の隙を狙ったのか、こんな法律を作ろうとしています。→ https://sn-jp.com/archives/19178

≪中国の領海に進入してきた外国の船舶を強制的に追い払ったり取り調べたりする権限を持つ≫

≪外国の船舶が中国の管轄する海域で違法に活動し、停船命令などに従わない場合は、武器を使用できる≫

これを南シナ海や尖閣で行使するつもりでしょう。

バイデン政権は中国をちゃんと抑えることができるのでしょうか。

「今アメリカは民主党だろうが共和党だろうが中国を強く警戒しているので、バイデンでも毅然と対処するはずだ」とも言われますが、本当かなあ。

バイデン氏は中国と取引してる、なんて話がありますが、米中間は矛を収めてうまくいっても、日本は尖閣盗られた、なんてことになってしまうんじゃないの? のんきにトランプ落選を喜んでる場合じゃないと思うけどね。

 

よろしくお願いします ⇒ 
人気ブログランキング

 

|

« 変わらず存続するために変わる | トップページ | 混沌 »

コメント

バイデン陣営はかなりの不正を犯しているようですよ。

デマかもしれませんがそれにしてもひど過ぎるので泥まみれの大統領選という記事を書きました。よろしかったらご覧ください。(http://blog.livedoor.jp/ganbare_watashi/archives/52102630.html)

多分、リツイートなどですでにご存じかとも思いますが、一応お知らせまで。

投稿: さなえ | 2020年11月 5日 (木) 17時09分

★さなえさん

さなえさんのブログ見せていただきました。
どこかの選挙区で突如として10万票が出てきてそれが全部バイデン票だった、という不可思議な事態についてはラジオで聞きましたが、他の情報は知りませんでした。びっくりですね。まるでどこか後進国の選挙みたいですね。
そこまでしてトランプを再選させたくない理由が、「なんとなく悪そう」じゃあまりに情けない。
アメリカの極左勢力が、バイデンでなく副大統領候補のカマラ・ハリスを大統領にしたいからだ、とも言われていますよね。
バイデンは高齢だし認知症の疑いもあるし、すぐに大統領に昇格するはずだという思惑があるんでしょうか。

投稿: robita | 2020年11月 5日 (木) 22時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 変わらず存続するために変わる | トップページ | 混沌 »