« インテリ連中のタコつぼ化 | トップページ | この道ばかりは老人優先 »

2020年11月16日 (月)

GO TO やめちゃだめ

コロナの第3波がきたというので、ワイドショーはまたコロナ一色になりました。

医師や経済評論家を呼んで「命か経済か」の議論をどこもかしこも延々と繰り返しています。

で、結局「両方バランスをとらなければならない」という結論でおしまい。いつまでこれやるんでしょうね。

日本は死者がとても少ないので、もっと経済活動を活発にしてもいいと私は思いますけどね。

また感染者が増えたらどうするんだ!と心配する人も多いですが、どうするもこうするも、感染者が増えたからっていちいち経済止めてたらキリがないでしょう。いつまでこんなことやるのかなあ。
ワクチンができても、まあ、通常のインフルエンザと同じく、罹る人は罹るし、軽く済む人もいれば重症化する人もいる。
インフルエンザ脳症だって同じく怖いものなのに、コロナだけ特別に怖がらせる報道をする新聞もありますね。

過度に怖がるあまり経済停滞で若い人が死ぬ方がよほど深刻な問題だと思うんですけどねえ。

感染者が増えるのは気にしなくていい。日本の医療は重症化を食い止めることにほぼ成功している、と週刊新潮の取材スタッフは現場の状況を伝えています。この記事にはワイドショーによくお出になる寺嶋毅教授の医療の現況説明もありますが、安心も希望も感じることができます。
寺嶋教授はこういう話をテレビではしていないようですが、ワイドショーの方針以外のことは喋っちゃいけないのでしょうか。

米大統領選挙も終わったし、また新しいネタが見つかるまでワイドショーとしてはコロナの話題でしばらくもたせる必要があるのかなあ。

 

先日北の方に紅葉を見に行ってきましたけど、すごくたくさんの観光客でにぎわっていました。

飲食店もお土産物屋さんも忙しそうでなにより。

 

よろしくお願いします ⇒ 
人気ブログランキング

|

« インテリ連中のタコつぼ化 | トップページ | この道ばかりは老人優先 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« インテリ連中のタコつぼ化 | トップページ | この道ばかりは老人優先 »