« 今年もあと少し | トップページ | コロナ総括 »

2020年12月28日 (月)

求む、話術にたけた政治家

経済紙「ダイアモンド」の村上春樹氏インタビュー → https://sn-jp.com/archives/24812

≪コロナ禍が浮き彫りにしたのは、日本の政治家が最悪という事実――そう話すのは、小説家の村上春樹氏だ。

――日本の政治家の、どこが最悪なのですか。

 自分の言葉で語ることができなかった。政治家自身のメッセージを発することができなかった。
それが最悪だったと思います。

 こんな混乱ですから、人が間違ってしまうのは当然のこと。
ならば、「アベノマスクなんて配ったのはばかげたことでした」「Go Toを今やるのは間違っていました」ときちんと言葉で認めればよいのです。
国民も「間違うことは仕方がないよ、これからちゃんとやってくれればいいよ」と思うはずです。
 それなのに多くの政治家は、間違いを認めずに言い逃れするじゃないですか。
だから余計に政治に対する不信が広がっていくのです。
そういう、日本の政治家の根本的な欠陥がコロナではあらわになった気がします。≫

そして外国の政治家の名を挙げて、「彼らは自分の言葉で国民に語りかけた」と村上さんは言います。

≪こういう人たちと比べると、今の多くの日本の政治家はどう見ても、自分の言葉で語ることが下手です。
今の総理大臣だって、紙に書いたことを読んでいるだけではないでしょうか?

 元々日本人には、周囲を見ながら話をして、全体から外れるようだとたたかれてしまう面があります。
こういう中でどう発言や表現をするのか。
これは政治家の問題でもありますし、同時に、表現を仕事とするいわゆる芸術家の問題でもあるのです。≫

 

たしかに政治家には自分の言葉で語ってほしいと思います。
国民の心を動かすような語りかけをすれば、国民ももっと協力的になって政治もやりやすくなるんじゃないかとも思います。

でも政治家に限らず、日本人はそういう話術が下手ですね。芝居がかった表現も苦手だし。そういうパフォーマンスを、自分もやりたくないし、他人がやるのもあまり好きじゃないんですよね。

政治家はケネディさんみたいに優秀なスピーチライターに心揺さぶる演説の原稿を書いてもらう必要があるのかもしれませんが、鳩山由紀夫氏の総理就任演説を思い出すと、なんだか笑えてきます。
劇作家の人に演説草稿を頼んだということですが、あまりのわざとらしさにひいてしまった人が多かったんじゃないでしょうか。

日本人の民族的特徴を否定してアクションも言葉もオーバーな西洋人の真似を無理してやる必要はないと私は思いますね。

感動は芸術の場で盛り上げれば良いのではないでしょうか。政治は芸術じゃないんだし。

田中角栄さんのことも村上さんは褒めているけれど、国民は、金権政治だ、けしからん、と寄ってたかって叩いて潰しちゃったじゃないですか。村上さんはそのころから田中角栄を買っていましたか。


≪間違いを認めずに言い逃れするじゃないですか。だから余計に政治に対する不信が広がっていくのです≫

これは同意します。「正直は最善の策」であることが多いのです。正直に事情を説明して国民に納得してもらう努力をすればいいのになぜしないのだろうと思うことがよくあります。政治はそんな単純なものではないのかもしれませんが。

しかし、
≪アベノマスクなんて配ったのはばかげたことでした≫、これはないでしょう。

布マスク配布というアクションのおかげで、買占められたマスクが市場に吐き出されたのですよ。

≪Go Toを今やるのは間違っていました≫

地方経済や観光業・関連業者がGoToで息を吹き返した面がありました。あれは良い政策だったという意見も多かったと思います。
感染が再び広がってきたから「あれは間違いだった」「もっと早くやめるべきだった」と批判が噴出します。
でも、収束の目途もつかない中、なんとか業者を救おうという策だったんですよね。ワクチンができるまで経済を止めたほうが良かったのでしょうか。

どこの国も日本以上に混乱しています。
最善の策は何かなんて誰にもわかりません。

村上さんは何をもって「外国の政治家は素晴らしい。日本の政治家は最悪だ」と考えるのでしょうか。
政治家は言葉がうまければそれでOKと言ってるように見えます。

最近の日本人が、政治家の実績より感動的なスピーチを渇望しているというなら、そうすればいいでしょう。感情込めた演説に熱狂して国家の道を間違えなければいいですけど。

 

よろしくお願いします ⇒

人気ブログランキング

 

 

関連記事:「昔の政治家は立派だったという幻想」 
       「大丈夫、ニッポン」

   田中角栄ってそんなにすごい?→「正直こそ最善の策」

|

« 今年もあと少し | トップページ | コロナ総括 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今年もあと少し | トップページ | コロナ総括 »