« 要するに「強面(こわもて)には手は出せない」ということ | トップページ | メルケル焦る »

2020年12月14日 (月)

指定感染症2類は妥当か

羽目を外してどんちゃん騒ぎしたりしなければ、忘年会など楽しんだらいいと私は思っているけれど、絶対にそれはだめという意見も多く、やはり飲食店その他関連業者にとっては厳しい年末になりそうです。

この新型コロナに関しては、ものすごく怖い疫病だと考える人もいれば、インフルエンザと同じような流行り風邪の一種と考える人もおり、まして初めて経験するウイルスなので誰も本当のことがわからず、したがって政府も対処方針をいったいどうしたらいいのかはっきり決めることができないでいます。

誰がやってもそんなにうまくいくはずがないのに、皆さん菅総理を責めますね。正しい対策なるものを提案もせずに。

GoToやめたらいいんだとかそんなことが頭にあるんでしょうが、感染者が増えている主な原因は分析するとGoToによる人の行き来ではないようです。

GoTo停止しても感染者は減らないわ、経済は致命的な打撃を受けるわとなったらどうするんでしょうね。不況が再び就職氷河期を生み出してしまいます。


さて、日本は人口当たりのベッド数は世界一で、集中治療のためのベッド数も世界一なんだそうです。

しかも感染者が増えたといっても欧米に比べれば日本は桁違いに少ない。死者も少ない。
なのになぜ医療崩壊の危機!などとマスコミは大騒ぎするのでしょう。

そのわけを今日のラジオ(ニッポン放送「ズーム」)で司会の辛坊治郎さんが説明してくれました。

例えば大阪の場合、ベッド数は90000床ありますが、コロナ患者に用意されているものは1300しかない。
病室や病床を指定感染症仕様にするのが難しいので、感染症用の病棟がない病院が多いそうです。
それなのに65歳以上の人は無症状でも入院させなければいけないので、当然ベッドも看護師も足りなくなる。

この新型コロナがとても恐ろしい病気として指定感染症2類に指定されているため、必然的にこういう状況を招きます。
インフルエンザと同等の5類に引き下げればそんなに厳しく隔離する必要はないのです。

医師会はGoToやめろとかそんなことばかり言ってないで、この本質のところを議論するべき、と辛坊さんは言ってました。

コロナをまるでエボラ出血熱かなんかのように怖がって5類に引き下げることに反対の人が多いから無理かもしれないけど。


ところで、ちょっと前にテレビで興味深い場面があったそうです。→ https://www.excite.co.jp/news/article/Myjitsu_216242/

テレビ番組「バイキング」でお笑い芸人ブラマヨの吉田さんが、リモート出演したある病院の看護師長さんに率直な質問をしました。
「やっぱ2類におるからいろんな仕事が増えて」
「5類になったらちょっと、あの、負担が減る…みたいなことを聞くんですけど、関本さんはどうお考えになられてるのか聞きたいんですけど」

動画で見ると看護師長さんは言葉に詰まったり目が泳いだりしてすごく答えにくそうにしていました。病院内ではそういう話も出ているけど、でも言ってはいけない、みたいな雰囲気に見えました。
この場面についてはツイッターで少し話題になったぐらいで、あまり取り上げられていないようです。

いったいなんなんでしょうね。
みんなで必要以上に怖がって医療をひっ迫させてるんですか?

医療従事者を救える提案かもしれないのに口にしてはいけないなんて、私にはよくわかりません。

 

よろしくお願いします ⇒ 
人気ブログランキング

 

 

 

|

« 要するに「強面(こわもて)には手は出せない」ということ | トップページ | メルケル焦る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 要するに「強面(こわもて)には手は出せない」ということ | トップページ | メルケル焦る »