« 強く優しい日本であってほしい | トップページ | 中国は警戒しなきゃいけない、と何度言えば »

2021年6月19日 (土)

久しぶりの田島陽子さん

田島陽子さんはまだこんなこと仰ってるのね。https://news.yahoo.co.jp/articles/821eecc06a91c6404925b875ccb7eb8a68c11eda
≪私が若かった頃に比べたら、女らしさの呪縛はかなり減りましたが、まだ今の日本の女性も、それを押し付けられている。≫

そうかなあ、今の世の中そんなことを女性に押し付けたらエライ目に遭うんじゃないですか。

誰も押し付けたりしないので、遠慮なくご自分の思うように発言し、行動すればいいと思います。人にどう受け止められるかは自己責任で。

これは単なる「好み」の問題であり、女らしい女性が世間的に好ましく思われる傾向にある、というだけのことだと思います。

その「好み」を、「それが間違っている!」などと言い募る田島さんの方が「自分の考えを押し付けてる」側なんですよ。

猛々しくて可愛くない女性より、可愛くて優しくて女らしい女性が好ましいと、ほとんどの人は思うんじゃないでしょうかね。

そんなの自然な気持ちのありようなんだから仕方ないことでしょう。それとも、その気持ちを規制するべきだというのがフェミニストの皆さんのお考えなのでしょうか?

「圧力」とか「押し付け」とかって、自分の心が決めてるんだと思いますよ。

 

よろしくお願いします ⇒ 
人気ブログランキング

 

  関連記事:『ドラマ化された「負け犬の遠吠え」』  
        「不自由な自由」 

|

« 強く優しい日本であってほしい | トップページ | 中国は警戒しなきゃいけない、と何度言えば »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 強く優しい日本であってほしい | トップページ | 中国は警戒しなきゃいけない、と何度言えば »