« どこまで続く泥濘ぞ | トップページ | 誰のせいでもない »

2021年7月 8日 (木)

ふざけるな

緊急事態宣言が発出され、若者が楽しみにしていたイベントや子供たちの学校行事のあれこれが中止になりました。

オリンピックができるのになぜ私たちが楽しみにしてる行事はやっちゃいけないの?という子供たちの疑問は当然です。

これでは、オリンピックが開かれても、当時はただただ残念で悲しく腹立たしい思いばかりだった、という記憶しか残らないんじゃないですか。

菅総理は「オリンピックに感動した思い出を子供たちに残してあげたい」と言ったと思うのですが、若い世代にとって東京オリンピックは「いろいろなことを我慢してちっとも楽しくなかった年」ということになってしまいます。

いったい国民の何割が緊急事態宣言を望んでいるんでしょうか。

選挙が近づいているから、おそらく地方選出議員が「緊急事態宣言を出して人流を制限しないと高齢者票を失う」と首相を突き上げているのかもしれません。

ワイドショーに煽られた人たちがコロナを怖がって緊急事態宣言を歓迎しているのかもしれません。

でも、そういう(主に)高齢者たちの思惑だけで世の中のことが決まってしまうのはあまりにも理不尽です。

総理大臣は日本で一番権力を持っているんじゃないんですか。

「日本の感染状況はさざ波だ。重症者も死者も極めて少ない。通常の生活に戻します」ってなんでバシッと決められないんですか。

 

もう発令しちゃったから仕方がない。

前倒しで解除されることを切に願います。

(タイトルはロックバンドRADWIMPSの野田洋次郎さんの怒りのツイートに乗っからせてもらいました。https://news.yahoo.co.jp/articles/2851a6d81ba867fefd5006feff9698c3e339c13b

 

拡散していただけますか ⇒ 
人気ブログランキング

 

 

|

« どこまで続く泥濘ぞ | トップページ | 誰のせいでもない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« どこまで続く泥濘ぞ | トップページ | 誰のせいでもない »