« ふざけるな | トップページ | 愚かな政治家を生む民主主義 »

2021年7月 9日 (金)

誰のせいでもない

オリンピックを目前に控えて緊急事態宣言を出した政府が激しく批判されています。

一方で、感染者が増えているのだから、宣言発令は仕方がないと思う人もいるでしょう。

どっちの意をくむのか、何が正しいのか、政府も決定にはずいぶん悩んだことと思います。

その苦悩は理解しますが、無観客とか飲食店の営業制限とか、オリンピックが盛り上がらないのは明白です。どうしてくれるんだ。

ワクチン接種も進んでいるし、重症者も死者も減っているし、病床数も余裕が出てきたことを考え合わせて、批判を覚悟で盛り上げる方向に決断できなかったものでしょうか。

かといって、分科会の専門家が「もっと締め付けなければ必ず感染が広がり医療が逼迫する」と政府に迫り、マスコミが「今日の感染者は・・・増えています」と連日報道する中で、他の誰が首相であっても強引に有観客にしたり飲食店を自粛から解放したりできたかどうかはわかりません。岸田さんだったら、石破さんだったら・・・と考えても、そういう賭けのようなことはできなかったでしょう。

きっと首相は「専門家やマスコミがそう言うんだから仕方ないじゃないか」とでも言いたいかもしれませんね。

自民党の総理候補と言われる人たちはこんなものですが、それでも野党には任せられない。

いまここで自民党に腹を立てて次の選挙で落としてやろうなどと早まれば、2009年の政権交代の愚を繰り返すことになります。

 

立憲民主党の支離滅裂ぶりは幹事長福山哲郎氏のこんなツイートに如実に表れています。

≪今日、7日の東京都の新型コロナウイルスの感染者は920人。
明日は、このままなら議院運営委員会で、政府はまん延防止等重点措置の延長を決めると言われているが、本当に単なる延長でいいのだろうか。
緊急事態宣言の再発令をすべきではないのか。オリンピックは目前である。≫

同じ日にまた政府批判ツイート

≪報道によれば、東京の感染拡大を受けて、明日、政府は4回目の緊急事態宣言の発令方針を固めた、とのこと。
期限は8月22日まで。「緊急事態宣言下のオリンピック」が現実になってしまった。
最悪のシナリオ。まさに「政府は追い込まれた」としか言いようがありません。≫

 

どっちなのよ。

 

よろしくお願いします ⇒ 
人気ブログランキング

 

 

|

« ふざけるな | トップページ | 愚かな政治家を生む民主主義 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ふざけるな | トップページ | 愚かな政治家を生む民主主義 »