« 「ゼロリスク教というカルトに支配された日本」だそうな | トップページ | 開業医は恐れず診察し国民はマインドを変える »

2021年8月 1日 (日)

漠然とした批判はもうやめたら

昨日、ラジオでたまたま耳にしたコメント。
たぶん若い女性タレントかなんか。

「政府はもっと何か手を打たないといけない。
菅首相は記者会見はするけど、言葉が国民に伝わらない。
もっと丁寧な説明してほしい。」

何となく頭に浮かんだことやワイドショーなどで言われてることををそのまま喋っているのだろうな。

彼らの不満はこうした「なんとなく」の政府批判となって世論を形成する。

 

政府としては今の日本の法律や社会状況に照らしてできるだけのことをやっているとしか私には思えず、

・人が集まり密になりやすい飲食店への営業自粛のお願い
・飲食を伴う会食の自粛
・オリンピック無観客
・世界的にワクチンが足りない中、さざ波状態の日本が製造国と交渉して、十分とは言えないまでもかなり多くのワクチンを確保

 

何となく批判している人たちは、これ以上何をすれば感染拡大が抑えられると言いたいのだろうか。

「説明がない」と言うが、何についてどういう説明を望んでいるのだろうか。

「首相の言葉が胸に迫ってこない」などと言う人は、ドイツのメルケル首相みたいな身振り手振りの熱っぽい演説を期待しているのだろうか。

国民の心を動かす演出が必要だと言いたいのかもしれないが、日本の政治家がそれをやった時、「わざとらしい」とか「感情に訴えるな」などと冷笑するワイドショーの反応が目に浮かぶようだ。

この感染症がいつ収束するか、どのような厳しい規制をすればゼロコロナになるのか、なんて誰にもわからない。

日本の対策が不十分だと言う人は、感染を抑えるためにこうしてほしい、という要望を具体的に主張するべきではないか。

 

よろしくお願いします ⇒ 
人気ブログランキング

 

関連記事:「このままではきりがないんじゃないかってずっと思ってた」 

     「メルケル焦る」 

 

 

|

« 「ゼロリスク教というカルトに支配された日本」だそうな | トップページ | 開業医は恐れず診察し国民はマインドを変える »

コメント

この感染状況の下、菅総理が最も気にしているのは、感染者数でも、陽性率でも、重症者数でも、病床使用率でもなく、金メダル数であることが彼のTwitterからわかる。
アスリートの活躍を政治利用しようとする魂胆が見え見えだ。
アスリートの努力と輝きは、人々に純粋な感動を与える。我々が応援するのは普通のことだ。
しかし、それを政治利用してコロナ対策の失敗を誤魔化し、支持率浮上の空気につなげようとする姑息な菅には腹が立つ。
そんな暇があるなら、この感染拡大に対する対応策をもっと真剣に考えるのが総理の仕事だろ。
個々の試合には熱狂しても、五輪の裏にある利権主義や傲慢な政治的背景を忘れてしまうほど国民はバカではない。
選手を応援しても、自民党だけは応援しない。

投稿: | 2021年8月 1日 (日) 17時13分

政府(菅さん)が何とかしてくれるというのは幻想ですよね。
感染症なんかまったくの素人ですよ。医師会だって正解は出せないのが実情です。
本当は医師会が責任もって対策を立てなければならないのに、彼らが真っ先に怯えてるんです。
緊縮財政で保健所を減らしたり感染症の専門家を育てなかったのは官僚や政府の責任ですけど
今となっちゃやりようがないです。
だからと言って、なんでも政府や官僚のせいにするのは愚の骨頂ですよ。
相手は感染症ですからまずは自己防衛、感染防止対策に努めることはもちろん、自己免疫を高めておくことは必須ですね。
ワクチンがいいと思う人はそれにすがるのも仕方ありません。
今度のオリンピックだって、マスメディアは、智慧を出し合い挑戦しなければならなかったのに、中止や延期ばかり声高に叫び、やる前から負け犬です。
そのくせ掌返しで、いざ開幕したら、連日中継してはしゃいでいます。きのうまで中止を叫んでいたところがですよ。
確かにコロナは収まりそうもありませんが、こんなに怯えてばかりいて、経済停滞によるしっぺ返しを考えないんでしょうかねぇ。

投稿: ahn | 2021年8月 2日 (月) 03時16分

★ahnさん

他国がこういった全世界的に広がった感染症を国家安全保障の問題としてとらえ、国防の観点から対策を取るのに対して、日本は「公衆衛生の問題」の域を出ないということがよく言われますよね。
国防問題として対処できる体制になってない日本では司令塔がはっきりせず、政府が決断を下しにくいということだと私は思うのです。
そんな中、日本政府も国民もよくやっていると思います。死者も重症者も桁違いに少なく抑えているのですから。

>保健所を減らしたり感染症の専門家を育てなかった<

訪れるかもしれない非常事態に対する危機意識がない、ということですね。それは私たち国民自身も大いに反省しなければならないことだと思います。

>本当は医師会が責任もって対策を立てなければならないのに、彼らが真っ先に怯えてるんです<

コロナ対応を公立病院だけに押し付けて、自分たちはコロナ患者を引き受けようとはしませんね。そのくせ、テレビに出ては口だけ立派なことを言う。
こういう頼もしい町のお医者さんもいらっしゃいますが → http://blog.drnagao.com/2021/07/post-7665.html

>こんなに怯えてばかりいて、経済停滞によるしっぺ返しを考えないんでしょうかねぇ。<

コロナに怯える人は「何より人の命が大事」と言うくせに、経済停滞が人々の生活を破壊し命までも奪っていることには考えが及ばないようです。
そして政府に対して「なんとかしろ!」と言い続けるだけ。
日本の法や制度の範囲内でなんとかやっている政府の対策のどこが失敗なのかを具体的に指摘しないのです。
だから私は「漠然とした批判をしているだけではダメだ」という記事を書いたのですが、全然読まずにコメント欄にだらだらと「政府はダメだダメだ」と書き連ねるだけのかたがいらっしゃいまして、「ダメだこりゃ」とサジを投げておるところでございます。

投稿: robita | 2021年8月 2日 (月) 08時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「ゼロリスク教というカルトに支配された日本」だそうな | トップページ | 開業医は恐れず診察し国民はマインドを変える »