« 横浜市長選 | トップページ | テレビに爆弾投入 »

2021年8月23日 (月)

強権に立ち向かうのがロックだというなら

日本のあらゆる分野での反日工作活動に成果が出ていて、菅政権は欠点ばかりあげつらわれるし、首相のお膝元で市長選は赤い陣営に負けちゃうし、日本の固有種ってやっぱり繊細で儚くて、図太い外来種に駆逐されてしまうのかと悲しくなるけれど、落ち込んではいられません。

涙を拭いて、こういう時こそ、抵抗のロックをぶちかまそうではないか、と思っていたら・・・・・

 

フジロックフェスティバルでミーシャが国歌「君が代」を熱唱したというのです。
ついにきたか。

「アナクロニズム」で、≪「ロックは反体制」は時代錯誤。むしろあらゆる分野で反日勢力がはびこるその恐ろしさこそ、ロックで訴えるべきではないか≫と書きました。

虐げられ退けられてきた「君が代」がロックフェスティバルで朗々と歌われる、これぞロックではないか!

あっぱれ、ミーシャ。

 

よろしくお願いします ⇒ 
人気ブログランキング

 

  関連記事:「凡庸な『反権力』」 
        「笑点問題」 
        「支配の構造」 

|

« 横浜市長選 | トップページ | テレビに爆弾投入 »

コメント

今時の若い人は、革新=自民党、保守=野党、というとらえ方をしているみたいですよ。
憲法改正その他でこの国の何かを変えようとしているのが自民党で、
それに反対して旧態依然の体制を維持し言うとしているのが野党だと思っているようです。
面白いですね。

投稿: イズミ | 2021年8月24日 (火) 01時32分

★イズミさん

そうなんですよねー。
確かに若い人たちのその見方は正しく、「変えさせまい」とする守旧派(左翼)の抵抗は凄まじいものが感じられます。
自民党の中にも守旧派はいて、それらの抵抗勢力と闘いながら改革を目指しているのが安倍前首相や菅首相の政治の流れなのに、理解しない高齢者が多いですね。

かつて革命を夢見た全共闘世代や、政府に抵抗することが正しいと思い込んでる人たちがあまり何も考えず滑稽な反体制派になっちゃってます。

投稿: robita | 2021年8月24日 (火) 09時21分

横浜市長選自民惨敗!
不思議なのは、何で林文子氏は出馬したのか?というところ。
第二、三期は、自公の推薦で当選したんですってね?
ハマのドンからは、「菅首相の操り人形」とまで言われていたそうじゃないですか?
よって、小此木氏を見殺しにした…菅さんに力がなかったというべきでしょうかねぇ。

ミーシャの国歌「君が代」いいですねえ。
国家と云えば国旗、最近近所に「日の丸」を掲揚してるお宅が現れました。
覗いてみると「自衛隊員募集相談員」との看板。に、しても感心、と思っていましたら、
この人よそ者で、さっそく町内の「祭りのなんとか会」に入会し、顔合わせの日に「今度市議選に出るからよろしく…」初日にですよ、皆さん唖然としてたそうです。本当に昭和は遠くなりましたねぇ。

投稿: ahn | 2021年8月24日 (火) 19時52分

★ahnさん

選挙の裏にはどんな事情があるのかよくわかりませんが、林さんが出なければ自民党勝っていたでしょうにねえ。
行政経験のない学者が市のトップになって、嘗ての美濃部都知事みたいに財政破綻なんてことにならなければいいですけど。

>最近近所に「日の丸」を掲揚してるお宅が現れました<

こういうの嬉しいですけどねえ。
まあ、選挙に出る人は必死で、利用できるものはなんでも利用しようとするでしょうね。

ミーシャの歌唱力は圧倒的ですが、パラ開会式の君が代を歌った女性も素直なきれいな声ですごく良かったと思います。

投稿: robita | 2021年8月25日 (水) 11時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 横浜市長選 | トップページ | テレビに爆弾投入 »