« テレビは双方向メディアじゃない | トップページ | 靖国神社参拝 »

2021年8月13日 (金)

平和を願う夏

毎年終戦の日が近づくと、テレビでは戦争の悲惨さを訴えるドキュメンタリーやドラマなどが盛りだくさんになります。

軍国主義の犠牲になった国民の悲劇を描くことで「戦争はこんなに残酷だ」「戦争はしてはいけない」と訴え、そこまでは誰もが痛感する当たり前のことなのですが、「だから憲法9条を守らなくてはいけない」という、論理として全くつながらない結論に導く形になっていますよねえ。

「なんでそうなるの」としか言いようのない思考経路なのだけれど、でも多くの国民はそれを疑うことなく受け入れている。

 

先日の「プライムニュース」で、中国の侵略行為について、共産党の小池晃さんが「だからといって、武力で対処するのは反対。話し合いで解決するべき」といつものように力説していました。

ふむ・・・そうだ!小池さんを外交特使に任命し、「日本の領土に入らないでください」と中国に言いに行ってもらいましょう!
いつも国会で与党をやり込めようとしつこく追及するあの要領でやればいいだけですよ。

尖閣諸島が日本のものである証拠はいくらでもあるんだから、それを相手に示して「どやねん」て。

迫力で攻める作戦なら蓮舫さんか辻元清美さんの方が適任かもしれないけど。

 

よろしくお願いします⇒ 
人気ブログランキング

 

関連記事:「戦後日本の長い年月」 
       「8月15日」 

 

 

|

« テレビは双方向メディアじゃない | トップページ | 靖国神社参拝 »

コメント

近年話し合いで国際紛争が片付いたことがあったのでしょうか?
あったとすれば、強大な軍事力の背景があっての場合だけでしょうね。多分。
小池氏が言うことは理想ですが幻想です。
ホントにそれができるなら、ぜひ小池氏に拉致被害者を取り戻してほしいです。
竹島も、北方領土も取り戻してほしいですね。
中国共産党は尖閣も沖縄も自分のものだと言っています。彼らは本気です。
もし日本に米軍と自衛隊が無かったら即行動を起こすでしょう。
最近中国軍事評論家が、日本を「核の先制不使用」の例外にせよと主張し、いったんは削除された動画が再浮上しています。これは中国共産党も同じ考えであることを意味しています。小池氏のような考え方では日本はカルタゴになってしまします。それにしても憲法改正が党是の自民も一体何を考えているんでしょうか?支持者を馬鹿にするのもい加減にしてほしいです。

投稿: ahn | 2021年8月14日 (土) 10時41分

★ahnさん

ほんとうに仰る通りです。
共産党は柔軟に考えるとか言ってますけど本音は日米安保も自衛隊もいらないと思ってるのに、他の野党と組んで政権を狙うとか、冗談はやめてほしいです。

憲法改正の気運はすっかりしぼんでしまいましたね。
新安保法制が成立したので、不充分だけどまあ一応安心、みたいな感じになってしまいましたね。国民も。
周辺事態はいよいよ厳しくなってきてるのに、いざという時ちゃんと対処できるのか心配ですけど。
占領が終わって70年もたつのにまだ自前の憲法が作れていないことが恥ずかしくそれを自覚していない国民が多いことが情けないです。

投稿: robita | 2021年8月14日 (土) 21時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« テレビは双方向メディアじゃない | トップページ | 靖国神社参拝 »