« 自民党総裁選雑感 | トップページ | 頭がよろしくない »

2021年9月26日 (日)

どこが強硬?

「対外的に強硬な姿勢の高市候補」という言葉がテレビから流れてきました。たぶんTBS「報道特集」だったと思います。

高市さんが「憲法改正」「抑止のための中距離ミサイル配備」「靖国参拝を外交問題にすべきではない」といった考えを持っていることを指して言ってるのでしょう。

なぜそれが「強硬姿勢」なのでしょうか?

そんなに価値もない泡沫国なら、防衛も堂々たる態度も必要ないかもしれませんが、日本は世界に影響力も責任もある大国であり、おまけに日本を屈服させようとしている危険な国々に囲まれています。

先進国として普通の態勢を整えるのは当たり前のことです。

当たり前のことが日本では「強硬」だとか「タカ派」だとか「極右」だなどと言われてしまいます。

変な思想を刷り込まれてしまった一般庶民はまあとりあえず置いておくにしても、総理大臣はしっかり日本を守ってくれる人でないと困ります。
高市さんのような考えの人を「右翼」だとか「タカ派」だとか言うのはやめましょうね。違いますから。


よろしくお願いします
 ⇒ 
人気ブログランキング

      
        日本は変なのよ:
「健全な野党」 

                  「共有すべき『国の基礎』」 

|

« 自民党総裁選雑感 | トップページ | 頭がよろしくない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 自民党総裁選雑感 | トップページ | 頭がよろしくない »