« 総理、声を聞いてください | トップページ | 合理と神秘 »

2021年10月 8日 (金)

国民の声を聞いて、って何回言えば

岸田新総理が小泉進次郎氏を環境大臣から外したのは、地球温暖化やエネルギーに対する考え方が偏狭だと判断したからというわけではないんですね。

後任には山口壮氏を選びましたが、この人は小泉さんと全く同じ考えで小泉路線を継承すると言ってます。→ https://www.jiji.com/jc/article?k=2021100701050&g=pol

ということは岸田総理は全然国民の声なんか聞いてないということですね。

レジ袋政策は愚の骨頂、エネルギーに対する考え方が実に非現実的、地球温暖化に対する固定観念、といった意見が一般国民・専門家問わず数多く発信されているのは事実です。

「国民の声」ってどこで聞いてるんですか?

 

・レジ袋有料化政策はプラスティック削減に意味がないどころか様々な弊害の方が大きいのはたしかです。2円3円を払いたくないということでは全くありません。

・エネルギー源については散々書いてきたので省略。

・地球温暖化については頭から悪いことと決めつけられていますが、地球そのものの活動サイクルと合わせて考える必要があると思います。

聞くところによると、太陽と地球の運行サイクルの関係から考えると、本来現在は寒冷期に入っていてもおかしくないのだそうですね。
それを回避させたのが農耕の広がりによる森林の大規模伐採と産業革命で、この時増えた二酸化炭素のおかげで、寒冷期を回避できたというのです。

寒冷より温暖の方が人類の生存に有利であるのは言うまでもないことで、人類がこれほどまでに文明を発達させたのは、それと知らずに二酸化炭素をどんどん排出させていたご先祖様たちのおかげかもしれませんね。(寒冷期を回避した人類 https://news.yahoo.co.jp/byline/emoriseita/20180603-00086007

因みに、次に地球に大寒冷期が訪れるのは、5万年後ぐらいだそうで、そんな先のことは考える必要はないでしょうが、現在の温暖化が人類の生存を脅かすほどに危険なレベルになりつつあるなら、対策は考える必要があります。

だから、性能が良く電力の安定供給が期待でき安全性の高い小型原発ができつつあるならそれを積極的に活用していけばいいと私は思うんですけどなんでダメなのかしらねえ。
再エネももちろん良いですが、今の太陽光発電や風力発電は問題が多いので、これらももっと良いものにしていく努力は必要ですね。

 

ついでに、山口新大臣もグレタさんを信奉しているらしいけど大臣はお調子者でなく冷静な人がいいです。
環境大臣がどうしても現実的になれないなら、エネルギーのことは経産省・資源エネルギー庁に全部任せたら?

 

よろしくお願いします ⇒ 
人気ブログランキング

 

|

« 総理、声を聞いてください | トップページ | 合理と神秘 »

コメント

太陽光発電のソーラーパネルの世界シェアは中国製が断トツ1位です。
原発利権だなんだと大騒ぎして原発反対を叫んでメガソーラーを推進しようとしている人たちは、
ソーラーパネル利権で得をしている人たちじゃないかと疑いの目を向けてしまう私は考えすぎかしら?

投稿: イズミ | 2021年10月 9日 (土) 02時10分

★イズミさん

>ソーラーパネル利権

当然ありますよね。利権というのはどこにでも生まれるものです。
ましてソーラーパネルは仰るように中国で多く作られ、ウイグル人の強制労働も問題になっています。
国民ももっともっとこういうことを知ることが必要なのに、テレビでは全然やりませんからね。
「モーニングショー」という番組で、なにかというと「原発利権がー」と言うコメンテーターがいるんですが、「太陽光にも利権が」と突っ込む人は皆無です。

投稿: robita | 2021年10月 9日 (土) 09時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 総理、声を聞いてください | トップページ | 合理と神秘 »