« 外国人に選挙権を与えることになぜそんなに熱心なの? | トップページ | 追悼 川柳川柳様 »

2021年11月19日 (金)

怖いのはわかるけど

中国の王毅外相が日本の林芳正外相との電話協議で歴史や台湾問題について「両国関係の政治的基盤や信頼に関わる重要な問題であり、一線を越えてはならない」と要求しました。https://sn-jp.com/archives/60629

「俺たちのやることに口出すんじゃねえ」って恫喝ですか、怖いですね。

媚中と言われる林外務大臣はこれに対して何と答えたんでしょうか。

中国のしていることは力による現状変更であり、重大な人権侵害です。世界の平和と安定を乱す行為なので、これに対して抗議をすることは国際社会の一員として当然のことだと思いますが、中国は「黙っとれ!」というわけですね。

中国に対してビビるのは世界の国々も同じだと思いますが、日本は特に怖がりで、こっちに理があるにもかかわらず毅然とした態度が取れていません。

中国が日本の領土領海を脅かす行為を堂々と続け、軍所属の海警船舶を毎日のように繰り出し、漁民が怖くて漁ができない状態なのに、日本はやめさせることもできないままです。

悪いのはあっちなのにねえ。

日本はこうやって中国の脅しに怯え、媚びていくしか生きる道はないのでしょうか。

戦前の日本人がこんな有様を見たらなんて言うでしょうね。

たしかに怖い相手ではあるけれど、怯えるばかりで言いなりになるのもくやしい。なんとかなりませんか。

 

よろしくお願いします ⇒ 
人気ブログランキング

 

  関連記事:「もう遅いのか」 
        
         「正直こそ最善の策」 
     
         「アドレナリン放出」 
     
         「平和を願う夏」 

|

« 外国人に選挙権を与えることになぜそんなに熱心なの? | トップページ | 追悼 川柳川柳様 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 外国人に選挙権を与えることになぜそんなに熱心なの? | トップページ | 追悼 川柳川柳様 »