« グレタの「下の句」 | トップページ | サヨクの人はまず頭を柔らかくしないと »

2021年11月 1日 (月)

政界整理の必要あり

今回の選挙結果は全体で見ると、有権者はなかなか冷静な判断をした、という印象です。

自民党の議席減はいつもの支持者が2・3の問題で少し離れ、共産党と組んだ立憲民主は嫌がられ、それらで浮いた票は日本維新の会に流れた。これは納得できる結果です。

「改革保守」である「維新」が躍進したのは、自民党がなかなか思い切った改革に踏み込めないことから、保守派による改革を望んでいる人が増えてきているということのあらわれでもあると思います。

自民党の古い体質の政治家はまだまだ力を持っています。高齢になってもなかなか引退しません。

年を取ってることが一概に悪いのではありませんし、高齢の立派な政治家もいます。でもやめてほしくないそういう立派な人は潔くやめるのに、やめてほしい人は80過ぎてもやめないですね。

 

元自民党幹部の山崎拓氏が大阪10区の辻元清美氏(立憲民主党)の応援にやってきて「辻元清美が当選すれば日本の政治の為になる」と演説し、利敵行為だと批判を浴びています。

山崎氏ばかりではありません。左翼と共鳴する保守政治家は結構いて、辻元さんとこんな仲良さげな写真だってあります。山崎拓、藤井裕久、村上誠一郎各氏のようですね。→ https://twitter.com/ilinkCEO_NOW/status/1454040478752538631

昔からこういうことはあったのです。民主党政権末期の頃に書いた記事ですが。→ 「保守と左翼」 
でも基本の国家観が全く違うのに、部分的に共感するとか、人として気が合うからとか、政治家なのにそんな軽い気持ちで手を組まれてはたまりません。

昔の自民党ってこういう人たちが中枢にいて運営してたんですね、今もそういう面はありますけど。

どうりで特定周辺国には毅然とした態度が取れないし、国内政治は改革が進まないのですね。

自民党のそういうところがダメなので、「改革保守政党」が躍進したことは日本政治にとってとても良いことだと思います。

2大政党にするなら、この二つのような政党が良いと思います。その方が国会議論は活発になります。

反日要素を持つ政党が二大政党の片翼を担うべきではありません。

 

・・・・と、ここまで書いたら、維新が国民民主と連携するかも、というニュースが!

本当だとしたら嬉しいですね。立憲民主党に替わるまともな第一野党ができそうです。

ついでに、なぜ立憲にいるのかわからない愛国者の松原仁、馬淵澄夫、渡辺周さんたちも合流したらどうですか。

 

よろしくお願いします ⇒ 
人気ブログランキング

               関連記事:「もっと右」

              「どっちつかずの安倍政権」 

 

 

 

|

« グレタの「下の句」 | トップページ | サヨクの人はまず頭を柔らかくしないと »

コメント

80過ぎて立候補なんて狂気です。
後進に道を譲り育てるというのも務めじゃないかと。
和歌山の御仁は、息子に譲ったら、世耕氏に乗っ取っれるを心配して出ただけなんです。
と、わたしは理解しています。
甘利氏はほんとなら、窓辺太郎にとっくに切られた御仁です。
新自由クラブの時私、彼に一票を入れた覚えがありますが、年取ったねぇ。
もう賞味期限が過ぎた感があります。
政治家はどんなに力があっても後進に道を譲るべきです。
石原、辻本…こちらも不味くて食えないですからねぇ。

投稿: ahn | 2021年11月 1日 (月) 22時41分

★ahnさん

>和歌山の御仁は、息子に譲ったら、世耕氏に乗っ取っれるを心配して出ただけなんです。<

そういうことですよね。
国全体のことなんか全然考えていない。昔の「代議士」の感覚のみで政治屋やってるんでしょうね。今はもうそういう時代じゃないのに。

「窓辺太郎」って何かと思って検索したら、悪徳政治家を斬る税務調査官を描いたドラマなんですね。
自民党政治家はこういうところがあるから嫌われるんだと思いますが、どうなんでしょう、野党政治家だってそんなに清廉な人ばかりだとも思えませんが。

>政治家はどんなに力があっても後進に道を譲るべきです<

そうですね。引退して別のこと、例えば若い政治家を育て支援するとかそういうことに尽力してほしいです。

投稿: robita | 2021年11月 2日 (火) 09時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« グレタの「下の句」 | トップページ | サヨクの人はまず頭を柔らかくしないと »