« 順応 | トップページ | 「日本」という奇跡 »

2022年1月17日 (月)

ピークから下がり出した時がチャンス

昨日のフジTV「ワイドナショー」での松本人志氏の発言に共感する人は多かったのではないかと思います。

・オミクロン株の感染拡大より緊急事態宣言のほうが怖い
・高齢者や基礎疾患のある人を守ることだけできれば、あとの人は集団免疫が獲得できるぐらいの気持ちでいればいいんじゃないか

https://sn-jp.com/archives/67229

 

コロナを怖がる人が多い中で、テレビでこういうことを言うのは勇気がいると思いますが、今のところこの発言は炎上していないようです。

ニッポン放送「ズーム そこまで言うか」のキャスター、辛坊治郎氏もずいぶん前から同じようなこと主張してました。

≪無症状や軽症の人まで捕まえて隔離・入院させて、これでは医療逼迫するのは当たり前。そういう軽い症状の人がベッドを埋めてしまって、重症患者の受け入れができなくなったらどうするんだ≫

考えてみれば当たり前のことなのに、なぜ政府や専門家はこのようには考えないんでしょうねえ。

ネットやラジオではこの当たり前の意見はあふれているのに、テレビではほとんど見られず、情報源が主にテレビという人が多いのもあって、なかなか広まりません。

テレビ、特にテレ朝「モーニングショー」などはコメンテーターの玉川徹氏が主導する形でコロナの恐怖を煽り続けます。玉川さん自身が「恐怖の大魔王」になってしまってる。

勇気のない政府や専門家も悪いですが、彼らをしり込みさせている張本人はコロナの恐怖から抜け出せない一般の人々だと思います。

 

よろしくお願いします ⇒ 
人気ブログランキング

 

関連記事:「『冷静に』と言う医者はあまりテレビに出ない」 
       「『よくわからないから怖い』のはわかるけど」 

|

« 順応 | トップページ | 「日本」という奇跡 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 順応 | トップページ | 「日本」という奇跡 »