« 作られる世論 | トップページ | 父性喪失 »

2022年1月31日 (月)

素人ですけど

この新型コロナ騒動はもう2年続いていますが、人によってはまだこれを異常に怖がっており、岸田内閣支持率の高さは、行動制限を厳しくしているからだとも言われます。

「もう普通の風邪になったようだから以前の生活に戻してもいいのではないか」と考える人がだんだん増えてきてはいますが、それでも怖がる人はまだまだいて、ネットなどでは二手に分かれた人々が言い争いをしているのを見ることもあります。

テレビでは「この第6波がこのまま続けば緊急事態宣言もあり得ると思います」などと言うお医者さんの言葉にキャスターやコメンテーターたちが頷き、「ただの風邪になったのだから普段の生活に戻してもいい」などと言うお医者さんは一人もいません。

そんなことを言って、万が一重症者や死者が増えた場合に責められるリスクを負いたくないからだと思います。

でも、それは「どうなるか誰にもわからない」ということです。
わからないから、普段の生活に戻してはいけない、ということです。

でももう少ししたらピークアウトするでしょうから、そこで普段の生活に戻せばいいと私は思います。

国際政治学者の三浦瑠璃さんが「東京都は来週ピークアウトする可能性が高いので緊急事態宣言要請を踏み止まるべき」とツイッターでつぶやいたそうです。

すると「わかりもしないのに素人が口を出すな」との反発が多く寄せられました。

でも私は三浦さんの意見に賛成します。
コロナに関しても素人なりにたくさん発信してきました。みなさんそうだと思います。

「素人がわかりもしないのに」という言い方はおかしいと思います。

専門家自身がよくわからないのです。わからないから厳しくしておけばいい、という考え方でやってきて、社会は大きなダメージを受けました。

いまやこの騒動は、ウイルスや感染症について詳しいかどうか、ということより、日本経済・若者の生活や人生・幼い子供の心身の発達、そういったことをどれだけ真剣に考えるか、という問題になっているでしょうに。

 

よろしくお願いします ⇒ 
人気ブログランキング

 

 

|

« 作られる世論 | トップページ | 父性喪失 »

コメント

コロナウィルスはまったく新種のウィルスで、しかも次々変異を繰り返しています。
この未知のウィルス感染症に対して専門家なんてどこにもいないのです。
言質を取られたくない医師免許保有者は予想しうる最悪の状態を流布します。
大したことは無いなんて言ったのに、死亡率が高かったらつるし上げられるのは自分ですからね。
でも、みんなマスコミで専門家の言っていることに疑問を抱き始めていると思いますよ。
経済的に困窮して死ぬよりコロナで死んだ方がマシだとみんな思い始めています。

投稿: イズミ | 2022年2月 1日 (火) 01時41分

★イズミさん

新型コロナはヒト社会に初めて出現したウイルスなので、その実態がよくわからないのは事実ですが、ウイルスというものはそもそも変異を繰り返すものなので、変異自体を怖がる必要はないそうです。
若い人がコロナで死ぬことはほとんどないので、経済的困窮の深刻さを重視した方がいいと思いますね。
流行が収まってきたら普通の生活に戻せばいいでしょう。
そして、冬になればまた流行するんでしょうね、インフルエンザのように。ウイルス同士の縄張り争いだそうですから、次の冬に流行るのは新型コロナかインフルエンザか、といったところじゃないでしょうか。

投稿: robita | 2022年2月 1日 (火) 08時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 作られる世論 | トップページ | 父性喪失 »