« 建国の物語 | トップページ | 因果応報 »

2022年2月15日 (火)

賢い国民がもう少し多ければ

事実でないことを世界に向けて発信し、福島の風評被害を広げてしまうという愚かな行為をした小泉純一郎、鳩山由紀夫、菅直人、細川護熙、村山富市の5人の元総理大臣たち。
こんな人たちが日本のトップだったことがあるんだなあ、と今さらながら呆れてしまいます。
彼らは自分たちのやったことは正しいと信じ、謝罪も反省もしていません。

これを単なる「老害」で片づけてしまっていいものでしょうか。
こちらのtwitterで紹介されている青山繁晴参議院議員の解説で、なぜこういうことが起きるのかその根本原因がわかります。

福島は今も放射能汚染されていて住めない場所が多いとか、海に流そうとしている処理水は安全とは言えないとか、そういう間違った情報をなぜか政府がはっきり否定しないし事実をしっかり説明しないんですね。
それで老人となって考える力をなくした(もともとないのかもしれませんが)元総理たちが「福島は汚染されている。原発は危険なものだ」という思い込みのまま、暴走しているのです。

歴代政権は原子力災害の真実をなぜしっかり国民に伝えないのでしょうか。

青山氏は「世論を恐れる政府が『政治的コストが高すぎる』として福島の真実を広報しないからだ」と言います。

福島は安全だとはっきり言うことがなぜ政治的コストを高めるのか。

「福島のほとんどの場所の放射能は低レベル」という事実を広報するとなぜ世論は反発するのでしょうか。

 

「政府の言うことは信じられない。現にマスコミだって野党だってまだ福島は汚染されていると言ってるじゃないか。政府は嘘を言ってる。嘘つき内閣だ。支持してやらないもんね」・・・そういったことなんでしょうか?

 

話変わって、オミクロンの蔓延もピークアウトしたというのに、3回目ワクチン接種を加速するために政府はファイザーのワクチン1000万回分を追加購入するそうですね。

毎日何万人と出ている感染者数に怯える高齢者が早く3回目打ちたいと焦るお気持ちに配慮したのでしょう。ワイドショーも野党も3回目ワクチンが遅いーって煽ってるし。

ピークアウトしたのに3回目接種なんかいらないでしょ。1000万回分っていったいいくらかかるんでしょうね。ファイザーが儲かるだけ。

 

結局国民が賢くならないと政府も動きたくても動けないし止めたくても止められない、そういうことなんじゃないでしょうか。

 

一方で例えば共産党なんかにしてみれば、「国民が賢い選択をしないから、共産党が政権を取れないっ」とか思ってると思うけどね。

 

よろしくお願いします ⇒ 
人気ブログランキング

 

 

|

« 建国の物語 | トップページ | 因果応報 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 建国の物語 | トップページ | 因果応報 »