« ひとりよがり体質 | トップページ | 春遠からじ »

2024年1月 9日 (火)

名誉棄損で裁判へ

一般女性への性的行為強要疑惑が報じられた件で、ダウンタウンの松本人志氏が芸能活動休止を発表しました。

当人は事実無根と言うし、報じた週刊文春側は「報道には自信を持っている」と言います。

 

芸能人の男女関係スキャンダルについては、昔と違ってマスコミもSNSも容赦なく書き立てて糾弾する昨今ですが、何年か前に松本さんがそんな風潮についてこんなことを言っていたのを覚えています。
「いろんな若い女の子と遊べると思て芸人になったのに、いざ売れるようになって金に不自由しなくなったらもう遊べへんなんてなあ・・」

芸人が品行方正になってどうすんねん、という本音を吐露したのでしょうし、昔はなかった締めつけにうんざりするのもわかるような気がします。

しかし、今はもう「芸人とはそういう人たち」という暗黙の了解などは許されません。芸人もしっかり襟を正さないといけない世の中です。

 

男女間のそういった問題は、当事者や配偶者が自分たちで解決・納得できるのなら他人がとやかく言うことではなく、自由にやればいいと思うのですが、問題は嫌がる女性に無理やりの行為をしたかどうかですよね。

裁判をすると言っているので、そこが争点になるんでしょう。

「お笑いジャーナリスト」のたかまつなな氏が「松本さんは記者会見をするべき」と言っていますが、私はそうは思わない。

法廷という、ある意味閉じた空間でならともかく、テレビなどで公開するのはどうなんでしょう。 
つまり、二人だけのその時の会話や行為など微に入り細を穿ってと言いましょうか、事細かに説明しないと、どちらか一方に非があるとか決められないような事柄なんじゃないかな、と思います。そういう生々しい状況を誰でも見ることのできる記者会見で追及して喋らせるのはどうかと思います。
証拠や主張を細かく精査する場である法廷で判定をしてもらえばそれでいいと思います。

松本さんは仕事を全て休止して裁判に集中するそうですが、「仕事をしながらだと損害賠償額を算定するのがとても複雑になるからだ。仕事を全部やめると、松本さんクラスだとおそらく数十億の損害という数字が出るだろう。これだけの損害を受けたということで億単位の賠償請求も可能」というようなことを、夕方のラジオで辛坊治郎さんが解説していました。

松本さんは文春を潰しにかかる気なのかな。

 

よろしくお願いします ⇒ 人気ブログランキング
人気ブログランキング

 

  関連記事:「恋愛至上主義」 
         「恋は気まぐれ」 

|

« ひとりよがり体質 | トップページ | 春遠からじ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ひとりよがり体質 | トップページ | 春遠からじ »