« 配慮も批判も極端 | トップページ | 臨終シーン »

2024年5月25日 (土)

宿命

興味深い → https://sn-jp.com/archives/163660

昨今のおかしな風潮を揶揄する目的で作られた映像でしょうか。

たしかに、この手のおかしな主張をおかしいと言いにくい世の中に変わりつつあり、いずれこんな世界になりかねないとも思えます。

数値や論理でなく、全て感情が決める社会とでも言いましょうか。

面倒な計算や理屈はすべてAIに任せ、人類は芸術や娯楽のみに生きる存在になる未来。

近ごろの世の中の流れを見ているとその可能性はあるんじゃないかと思います。

だってみんな変な方向に流されてるのに、「おかしい」と叫ぶ人々の声はかき消され、その奔流には抗えない状況になってるじゃないですか。

 

それが人類の行く末として必然であるならば、抗うのは無駄なのかもしれませんね。

 

よろしくお願いします ⇒ 人気ブログランキング
人気ブログランキング


   関連記事:「順応」

                       「超せっかち社会に生きる」

|

« 配慮も批判も極端 | トップページ | 臨終シーン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 配慮も批判も極端 | トップページ | 臨終シーン »